笑っていいともなぜ打ち切り?過去の放送事故動画!矢田亜希子も?

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

 

これまで31年間放送され数多くの芸能人が出演してきた『笑っていいとも!』ですが、2014年3月いっぱいで終了することになりました。その理由は?生放送が故に放送事故と言えるトラブル、珍事も頻発しています。

そのときのゲストは?動画は?心配ありません、全部公開します!!

 

 

10/25日で放送開始から7950回に渡り放送されてきた『笑っていいとも!』
これまでの放送事故を振り返ります。まずは第一陣。

 

 

フジならではの行きすぎた演出を、本番中に口に出してしまったのは、アーティストの青山テルマ。トーク中に客席から「歌って!」という声が飛んだが、青山さんは「見ちゃいました」とポツリ。ディレクターが、女性に耳打ちで指示を出した瞬間を見てしまったと思わず口にしました。

 

平日公開生放送で、客席とステージの位置もかなり近いため、ヒヤリとさせられた珍事件。芸人の山崎邦正さんが出演した回は、伝説のひとつ。タモリさんから、「悩みない?」と質問された次の瞬間、客席の男性が、

 

「タモリさん、“いいとも!”が年内に終了するって本当ですか?」

 

と言い放ったのです。男性はその後、スタジオから退場させられたそうです。

 

史上もっともおぞましい事件といえば、演歌歌手の佳山明生がゲストの回。登場前、素人男性がステージに上がり、タモリさんの横のゲスト席に座ったのです。スタジオは騒然とし、さすがのタモリさんも対応に困ると、慌てた
スタッフが取り押さえ、事なきを得ました。

 

この他、タモリさんが「フォークソングは暗くて嫌い」などと公言し、小田和正さんが在籍するオフコースの批判をしていたのですが、テレフォンショッキングに小田和正さんが出演し、気まずい放送となりました。

 

 

また、放送事故とは別に、有名人が有名人の友だちを紹介がコーナーからなくなったのは記憶に新しいですが、それをブチ壊したのは、

 

自分が紹介する先輩女優の大竹しのぶさんに、「はじめまして」と言ってしまったそうです。これを機に、コーナは廃止され、予め番組がタレントを選出しています。

 


大竹しのぶさんを紹介する矢田亜希子さん。ヤラセ暴露の問題シーン

 

今回記事で紹介されている放送事故の他に、

・テレフォンショッキングに出演予定だった片桐はいりさんが寝坊で40分遅刻
・由紀さおりさんが渋滞に巻き込まれ番組終了直前に到着するトラブル
・当時レギュラー出演していた明石家さんまさんが寝坊で出演をキャンセル

などがあったようです。

 

さて、打ち切りの理由ですが…..とにかく視聴率の悪さが原因のようですね。あと番組も同様にバラエティが入るようで、タモリさんは夜帯のMCになるんだとか。視聴率が一桁なら….しょうがないか。

 

 

これも全て生放送であるが故のトラブルで、面白いところでもありますよね。放送終了の来年3月までにまた何か放送事故が起こるのでしょうか。

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

Website is Protected by WordPress Protection from eDarpan.com.