観光で人気の青島の猫が大量繁殖!愛媛の猫島の行き方は?画像有

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

愛媛県大洲市長浜町の沖合13キロの伊予灘に浮かぶ青島(あおしま)は、通称「猫の島」といわれる猫好きにはたまらない猫大陸のようです。その全貌を明かします。

 

 

東西1.5キロ、南北0.5キロ。島民15人に対し、100匹以上の猫がここに住んでいます。9月下旬にネットで紹介されるや、全国から観光客が殺到!民宿、食堂はおろか自動販売機もない島なのに、猫好きをあおる夢の島。島民は50〜80歳代がほとんどで、漁師が4人、あとの大半は年金暮らしの方々です。

 

戦時中に疎開者が増えて、人口のピークは1960年の655人。その後、働き口を求めて住民たちは島を出ていきました。現在では、朝夕各1往復の定期船が本島との唯一の足です。

 


↑これが空から見た青島

 

島民の人口が50人を割った10年前から猫が増え、置き去りの飼い猫が繁殖したと思われます。隠れるのにいい空き家が多く、車は1台もないので事故の危険もないですし。漁師の男性(63)は

 

「家に入ってきて困る時もあるが、増えてしまったものはしょうがない」

 

と。ある晴れた日、数十匹が塀の陰で寝そべり、人が来ると餌を求めて集まります。この様子を撮った写真がインターネットで流れ、ブログなどに次々転載されていきました。

 

 

同市役所長浜支所に「行き方を教えて」と問い合わせが入り、土曜、日曜だった9月28、29両日、静岡、奈良、山口などから約30人が訪れていました。今月6日、夫婦や一人旅の女性ら8人が島に渡り、写真を撮ったり、餌をやったりして猫と触れあったそうです。

 

広島県三原市の主婦(50)は、前日は大洲市内に泊まり、朝の船で島へ。夕方までの約9時間、滞在したそうで、

 

「こんなにたくさんいるなんて期待以上。何にもなくても気にならない」

 

と興奮気味でした。香川県さぬき市の大学生(23)は

 

「ありのままの猫の暮らしが感じられる」

 

と満足げでした。

 

スポンサードリンク

 

一方、定期船の船長(62)は

 

「観光客が毎週、来ることなんてなかった。猫しかいない島なのに」

 

と不思議がっています。

 

同支所地域振興課の都築祐司係長(41)は、

 

「客が増えるなら、猫をテーマに観光できるように対応を考えたい。ゴミを捨てない、餌をやり過ぎないといったマナーは守ってほしい」

 

 

と、本来なら猫の処分に頭を悩ませるものの、経済を猫に支えられては、何も言えませんよね。猫をうまくつかったビジネスを考案して、観光客をもっとふやすことが先決です!ガセではなく実在する島でしたね…感激です。

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

Website is Protected by WordPress Protection from eDarpan.com.