体操イケメンの白井健三が新技シライで金メダル!兄弟は?彼女は?親は?

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

 

豊田国際大会で白井健三選手(17)が新技シライで転倒し10位で終わりました。しかしながら、今年の世界選手権では初出場で最年少優勝を果たしました!新鋭の白井選手って?兄弟は?彼女は?調べてみました。

 

 

白井健三選手はのプロフィールは以下のような感じです。

 

生年月日:1996年8月24日
出身:神奈川県横浜市
兄弟:兄2人

 

イケメンだけあって、彼女も既にいたようですね。
現状はどうなっているか、わかりませんがね….

 

 

白井選手は3歳から体操を始めました。

 

小学校3年の時に両親が設立した鶴見ジュニア体操クラブに入り、本格的に体操競技に取り組み始めます。

 

その輝かしい経歴は↓

 

2011年 全日本体操競技個人種目別選手権大会床運動で2位

2012年 神奈川県立岸根高等学校に入学

2012年 第5回アジア体操競技選手権で日本代表に選出
男子種目別床運動で優勝

2013年 第67回全日本体操競技団体・種目別選手権大会床運動
F難度の後方宙返り4回ひねりを決め優勝

 

内村や加藤も驚くほど高いひねりの技術をこの大会で見せ、第44回アントウェルペン世界体操選手権日本代表に選出されました。

 

スポンサードリンク

 

父親の白井勝晃さんは日本体育大学OBの元体操選手だったそうですね。

 

◆横浜カップジュニア体操協議会理事長
神奈川県体操協会ジュニア選手強化コーチ

 

父親の英才教育により、今の最強白井選手があるのかもそれませんね。

 

「ひねりすぎて気持ち悪い」と世界NO1体操選手の呼び声の高い内村選手からは高く評価されています。

 

10月の世界体操選手権では、床運動で「後方宙返り4回ひねり」を、跳馬で「伸身ユルチェンコ3回ひねり」を成功させ、「シライ」「シライ/キムヒフン」と正式に命名されました。

 

世界の頂に向かって、17歳が駆けた。

 

日本にひねり王子ブームが来そうな予感!!16年リオデジャネイロ、20年東京五輪を前に大きく花開いた天賦の才。白井選手が、私たちに夢と希望を与えてくれる日は近い!

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

Website is Protected by WordPress Protection from eDarpan.com.