鈴木詔子選手の死亡事故について!原因は?戦績は?夫は?

この記事は1分で読めます

スポンサードリンク

 

競艇界には2013年の一番不幸なニュースといってもいい11/2の死亡事故。山口県下関市長府松小田東町の下関競艇場で、鈴木詔子選手(52)が事故死しました。原因は?戦績は?夫は?画像付きで公開です。

 

 

レース前の練習中、コンクリート製の壁に衝突音が鳴り響きました! コンクリート製の壁に衝突してしまい、鈴木選手は同市内の病院に搬送されましたが、死亡が確認されたそうです。

 

スポンサードリンク

 

県警長府署が事故原因を調べていますが、日本モーターボート競走会下関支部によると、鈴木選手がボートにエンジンをかけた直後に、何らかの原因で急発進して高速で壁にぶつかったといいます。

 

 


 

周囲の話では、急発進するような整備不良の可能性が高いとのことです。詳しい原因を追求していることことです。鈴木詔子選手のプロフです。ベテラン選手として競艇界を引っ張ってきました。

 

 

身長:148cm
生年月日:1961/02/22
体重:45=>43Kg
出場回数は1,300回
1着は35回、2着は116回

 

 

競艇界のベテラン選手の突然の訃報に戸惑いを隠せませんが、ご冥福をお祈りします。

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

Website is Protected by WordPress Protection from eDarpan.com.