永島聖羅の現在は?乃木坂を卒業した本当の理由や窃盗被害の過去も!

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

 

永島聖羅さんが2015年に乃木坂46を卒業してから早2年の月日が流れようとしています。永島さんを最近テレビで見ることが少なくなってきましたが、乃木坂46を卒業した本当の理由を振り返り、現在の活躍や過去に遭った窃盗被害について調べてみました!

 



 

永島聖羅さんのWiki
本名:永島聖羅
生年月日:1994年5月19日
現年齢:22歳
出身地:愛知県碧南市
血液型:O型
デビュー:2011年〜

 

中学生時代はテニス部に所属しながら、応援団長など表舞台に立ち、目立つことに抵抗のない永島さん。高校生時代はサッカー部のマネージャーを務めながら、女優を目指し様々なオーディションを受験していましたが、なかなか合格できずにいました。高校2年生の時に、友人の誘いで乃木坂46の1期生オーディション受験を勧められ、女優へのステップとして受験しました。

 

 


 

結果は、乃木坂46の1期生オーディションに合格!!合格後に上京することが条件だったため、愛知県から上京して乃木坂46として芸能活動をスタートしました。乃木坂生活の中では、学業との迷いもあり大学進学も考えましたが、芸能界に専念するということで進学は辞退。その甲斐あってか、しっかりと選抜メンバーに選ばれて大活躍を続けていました。

 

スポンサードリンク

 

乃木坂46の卒業を決意した本当の理由!

 

さて、卒業を発表したのは、2015年12月17日、『乃木坂46 アンダーライブ at 日本武道館』にて。卒業は2014年5月19日に20歳を迎えた時から考え始めていたといいます。その理由が大きく3つあります。まあ乃木坂ファンであればみなさんもきっと理解されていると思いますがね。

 

その①:自身がいなくてもライブが成り立つことの現実

 

2015年で晴れて成人になった永島さん。体調管理がなかなかできず、テレビ収録本番を前に体調を崩してしまうことも多々ありました。2015年2月22日の『乃木坂46 3rd YEAR BIRTHDAY LIVE』の本番まで喉の腫れや高熱による体調不調が続いてしまい、入院を余儀なくされたのです。

 

開演直前に会場入りした永島さんは、自分がいなくてもライブが成り立っていることを痛感し、10代の頃から始めた乃木坂46・永島聖羅としての役割はここで終わったと感じたそうです。少々ネガティブな性格が垣間見えるのですが、「周囲の期待とは裏腹の結果となった自分が許せない」、といった自責の念を永島さんから強く感じます。非常に責任感が強く、ストイックな性格に間違いありません。

 

その②:世代交代

 

永島さんは乃木坂46の第一期生ということで、後輩が続々と生まれてくる中で、後輩の成長を何よりも喜んでいたといいます。自分がいないステージで後輩が活躍する姿を見て、後の舞台を託すことができると安心感に浸っていたようです。卒業を決意したのは20歳の頃ですが、世代交代としては一種の区切りの良い時期だったのでしょう。

 

その③:女優業への転身

 

そもそも高校生の頃から、女優業への憧れが強く、あらゆるオーディションに積極的にエントリーしていた永島さん。結果は実ることなく、乃木坂46の合格のみしか勝ち取れなかった悔しい過去があります。しかしながら、乃木坂46で活躍が芸能界に永島聖羅の名前をアピールできたことには間違いありません。本来自分の目指す道に舵を取り始めただけの話です。まずは、バラエティー番組への露出や舞台演者としての活躍で名を轟かせて欲しいです。

 

永島聖羅は現在何をしている?

 

永島聖羅の現在はというと、なかなかテレビではでみないと思いきや、ときどーきテレビに出演したり、舞台女優やラジオのパーソナリティとして活躍しているようですね。直近の予定ですと珍しくテレビ出演があるみたいで、有吉反省会で反省・禊をするみたいですよ!目玉ですね!イジリー岡田さんとの仲が気になりますね。

 

 


イジリー岡田さんと一緒にいる時間が長いようで、あのイジリーさんの秘儀、高速ぺろぺろを伝授したそうで、それを有吉反省会では疲労されているようですね。来週が楽しみ!!

 

 

 



永島聖羅は窃盗被害にあった過去?

 

永島聖羅さんが窃盗被害に遭った過去があるそうなので調べてみましたが、答えがすぐにわかってしまいましたね。しかも大々的にYahooニュースにもなり大事だったようで。。。それはというと⬇︎

 

幼少の頃、兄にお金をパクられていた。。。 🙄 

 

まさかの兄弟での出来事をAbemaTVで説明したところ、翌日Yahooニュースに大々的に掲載されてしまったようですね。少々小っ恥ずかしいのはお兄ちゃんの方ですが。もちろん、この事件は解決済みで兄妹間で話し合い済みなので皆さんややこしくする必要はありませんから 😆

 

「私、お兄ちゃんに小さい頃――、小学校3、4年生ぐらいのときお金を取られていて、気づいたら1000円ないってことがありました。合計で、10万円ぐらい取られています。お兄ちゃんと本気でケンカしたこともあります。私が『お金取られていること、分かってるんだよ!』と言い、財布の中には『〇円入ってます』とかの紙を入れて対抗しました。私は貯金が好きなんです。中学生の時、コツコツ貯めていたお金を今返して欲しい。利子5倍ぐらいつけたいですね……」

 

ただ、ちょこちょこと自分の財布から千円札が抜かれたりすると、おそらく誰も気づかないのではないかなというのが私自身の感想です。皆さんはいかがでしょうか?今自分の財布にお札が何枚入っていて全財産がいくらでって計算しているのは20代から30代の方でいらっしゃるでしょうか??なので、逆に永島さんが気づけたのがすごいなって思うのです!

 

 

そして、お兄さんとはこんな感じで仲の良いことで何だか羨ましい限りですよ。やはり、兄妹はこうでないと!って思うのです 🙂

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

Website is Protected by WordPress Protection from eDarpan.com.