はるのパン祭り2017の会場や開催時期は?おすすめや口コミも!

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

 

今年の東京の冬は比較的暖かな気候で過ごせたかなと思いますが、もう直ぐ春!春といえば、『ヤマザキ春のパン祭り』ではなくて、雑司が谷「はるのパン祭り2017」でしょ!ということで、会場や開催時期、オススメや口コミ情報について調べてみました。

 


 

はるのパン祭り
今回で3回目を迎えるはるのパン祭りですが、各店舗こだわりのパンの販売だけではなく、似顔絵コーナやワークショップも展示されていて、大人から子供まで楽しめるお祭りになっています。なんと、パンに関しては、購入してその場で切って焼いて食べるような「トースト部」も併設されているので、その場でパンそのものの旨みを追求できるわけです。

 

はるのパン祭り会場や開催時期について

 

はるのパン祭り2017 in 雑司が谷の開催詳細が気になっている方が多々おられると思います。会場や開催時期など、イベント詳細について纏めてみました!

 

場所:東京都豊島区雑司が谷3-15-20 雑司が谷鬼子母神堂
開催時間:9:00〜16:00 ※売り切れ次第終了の店舗あり
アクセス:JR山手線他池袋東口より徒歩15分
開催日:4/16(日)ですが、雨天の場合は5/6に延期予定です。

 

 


 

雨天順延の予定もありますが、基本はOne Day開催ということで4月16日のみで開催予定です。おそらく当日は雑司が谷に人が殺到しそうですね。昨年も来場者殺到により、オススメ店舗のパンは速攻で売り切れるほどの勢いだったそうです。来場者数ですが、世田谷パン祭りでは約5万人相当。雑司が谷パン祭りも1〜2万人の来場者数といわれています。

 


 

ちなみに現在はパン屋さんを公募しているそうですね。具体的には以下のフェーズで進んでいるようです。

 

■開催までのながれ
2月12日 チラシ配布(予定)
2月12日~2月15日 パン屋さん 公募 ★今ここ
3月19日~3月22日 パンのまわり・パンをモチーフに 公募
3月下旬 はるのパン祭り 出展者発表
4月上旬〜 はるのパン祭り 出展者紹介
4月16日 はるのパン祭り 開催!

 

スポンサードリンク

 

パン祭りのオススメや口コミ情報!!

 

この祭りのオススメですが、実にユニークなのが、人気店舗のできたてほやほやのオリジナルパンを食べられるだけではないところです。先ほど記載していますが、手作りジャムを販売するジャム店、自家焙煎珈琲が楽しめる珈琲豆店、似顔絵やパンに纏わる作品を出展する作家さんなど、多彩なジャンルの出店数を誇るのがこの祭りのオススメポイント!

 

 


 

なんと、昨年度の実績出店数は25店舗ですよ!!つまり、今年はそれ以上の店舗数が出展される可能性があるということですからね。みなさんお気に入りのパンに会えることは間違いないと思います。

 

過去のパン祭りの口コミも確認しましたが、やはりパンだけではなく、いろんな作家さんの作品に出会った際の評判がtwwiterで好評でした。かなり、不思議な作品を拝見することができます。

 

 

 

 

小春日和になると、桜が一番の主役になり、花見スポットを世間の皆様は注目するわけですが、新たな春のイメージと言っても過言ではないと思います。ちなみにはるのパン祭りは、雑司が谷限定の祭りではないんですよね、世田谷パン祭り、青山パン祭りと街をあげてのイベントということで催されています。雑司が谷のはるのパン祭りは、パン祭りの中で最も盛り上がるイベントです。是非一度足を運んでみては如何でしょうか。
 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

Website is Protected by WordPress Protection from eDarpan.com.