鹿島アントラーズのFWダヴィ試合中キスで退場?相手は?画像付!

この記事は1分で読めます

スポンサードリンク

 

後半15分、鹿島アントラーズのFWダヴィが浦和レッズのDF森脇良太を小突くと、松尾一主審は両者にイエローカードを提示しました。ダヴィは直前にも繰り返しの違反で警告を受けており、これで退場。

むしろキスする隙があるか!?でもしてたんですね~まさかの画像公開です!

 


鹿島アントラーズ ダヴィ選手

 

「あの退場を機に、さらに余裕を持ってプレーできた。鹿島にとって非常に痛い退場だったと思いますよ。こっちにとってはラッキーだったし、ゲームを進める上で大きなポイントだったと思います」と、浦和レッズDF森脇選手はコメント。

 


浦和レッズ DF森脇選手

 

だが、その表情は決して「してやったり」というものでなく、ダヴィ選手の退場前から、森脇選手はダヴィ選手に「落ち着け」と語りかけていたのだといいます。その時、なぜかダヴィ選手からキスの洗礼が…..

 

スポンサードリンク

 

「向こうがかなりエキサイトしていたから落ち着いて試合をやろうと。プレーも主審の見てないところでかなり汚いことをやっていたので。最初に言い合いになったときにはチューされて…。」

 

と、森脇選手は苦々しいコメント。

 

後半15分にダヴィ選手に小突かれて倒れた場面も、「自分にカードは出るわけない」と思ったといいます。ピッチを歩いている際に一方的に叩かれたので、森脇選手はイエローカードに値することは何もしていないのです。

 

しかし、森脇選手にもイエローカードを出されたため、主審に理由を聞いた所、

 

「両方に出さないと、示しがつかないから」

 

と言われたといいます。試合にも勝利したにもかかわらず、敵選手の奇行ともいえるキスの洗礼を浴び、されにはイエローカードまで下され、森脇選手の表情は苦々しい。

 

それもそのはず。これで累積警告が4枚となった森脇選手は次節の柏戦、FW興梠慎三とともに出場停止になってしまったのです。大宮とのダービーに続き、リーグ戦2連勝と良い流れをつかみかけている浦和にとって、次節は正念場になりそうです。

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

Website is Protected by WordPress Protection from eDarpan.com.