伊藤壇の年俸や結婚が気になる!遅刻してチームを解雇された過去!

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

 

伊藤壇さんといえば、流離の日本サッカー選手です。元はJリーガでありながら、戦力外通告の末退団後、サッカー雑誌に載っていたシンガポールサッカー事情の記事を読み、一念発起海外へと渡りました。そんな伊藤さんの年俸や結婚、遅刻してチームを解雇された過去!?を調べてみました。

 


 

伊藤壇さんのWiki
生年月日:1975年11月3日 (41歳)
出身:北海道 札幌市
身長:173 cm
体重:71 kg
プロデビュー:1998年
ポジション:MF(ミッドフィールダー)

 

スポンサードリンク

 

大学卒業後の1998年にブランメル仙台(現ベガルタ仙台)に入団しました。2年間プレーの末戦力外通告で退団後、故郷に戻り地元の社会人チームに所属してました。
そこでたまたまシンガポールのサッカー事情が貧しいというのを知り渡航。2001年にウッドランド・ウェリントンFCの所属選手となり、助っ人外国人選手として活躍
を始めます。来歴は以下のような感じです。

 


 

来歴
2004年:香港・傑志蹴球隊所属時代に香港リーグ選抜に選出。プレシーズンマッチではイタリアの名門ACミランに勝利
2005年:マレーシアのペナンでは、「Tsunami」のニックネームで親しまれた。
2006年:ブルネイオールスターゲームでMVPを獲得
2009年:マカオサッカーリーグファーストディビジョンの名門世家加義に移籍。
2010年:Iリーグのチャーチル・ブラザーズでプレー
2011年:ミャンマーナショナルリーグ (MNL) のラカプラ・ユナイテッドに移籍。同シーズン中にネパールリーグ(MMC)のマナン・マルシャンディFCに移籍
2013年:UFLのグリーン・アーチャーズ・ユナイテッドでプレーし、前期終了の4月まで8試合に出場した。契約延長の打診も受けたが、「親日の国で興味があり、以前から選択肢の中にあった」というモンゴル・リーグのエルチムに移籍することとなった
2014年:ラオス・リーグ初の日本人選手として、ラオ・トヨタFCに移籍。その後出番を求めて、同リーグのYotha F.C.にレンタル移籍
2015年:ブータンのティンプーFCと契約、日本人プロ契約選手第1号となった
2016年:エイベックス・スポーツとマネジメント業務委託契約を結び、同時にスリランカ・チャンピオンズリーグのコロンボFCに登録されたことを発表した。
2016年:東ティモールのASポンタ・レステと契約したことを発表し、20の国・地域でプレーすることになった
2017年:シーズン限りで現役引退する意向を表明している。

 

またサッカーを通してアジアで得た貴重な経験を多くの人々に伝えるために、香港の新聞や地元札幌の雑誌「DominGo」のコラムに寄稿したり、オフシーズンにはトークショーを開催するなどしています 😉

 

 


 

伊藤選手に遅刻してチームを解雇された過去が!?

 

なぜ伊藤選手はアジアを転々としているのでしょうか?調べたところ、驚愕の真実が隠されていました。なんと、伊藤選手のプロ生活が僅か2年で終了していた背景には、1998年にブランメル仙台というチームに入団するも、

 

度重なる寝坊

練習や試合を何度も遅刻

そして、戦力外通知を受けていた

 

衝撃ですね!!プロ意識に欠けると判断されたのか、退団から数年経った今でも、伊藤選手を獲得するチームはなかったそうです。プロ選手にしてはかなりレアなケースです。遅刻、寝坊、素行不良などでプロ選手の世界から消えるなんてことはなかなかありません。伊藤選手はそのレアケースに綺麗に当てはまっていますね。

 

 


 

失意の中、サッカー雑誌でシンガポールのチームが選手を募集しているという記事を見つけすぐにシンガポールに向かいましたが、シンガポールのチームが最下位となりそこでも4か月で戦力外選手になるのです。そこからというもの、アジア諸国を転々とし、いつしかギネスに掲載されるほどホームチームを持たない流離のサッカー選手になったのです。逆境に強いとはまさにこのことでしょうか 😛 

 

伊藤選手の年俸や結婚が気になる!!

 

さて、これまた余計なお世話かもしれませんが、伊藤選手の結婚や年俸について調べてみました。
少なくともJリーグよりは少ない給料になるのは仕方ありません。アジアのサッカー選手年俸水準は、ドバイやUAEや中国の一部のチームのように、資金繰りが潤沢なチームを除いてはJリーグよりも年俸は低いです。(平均600万程度)

 

 


 

年齢は40歳ということで、妻子がいてもおかしくはない年齢。且つその美貌から妻子はいるものかと想像していましたが、調べた結果、

 

妻子はいない :mrgreen: 

 

オフィシャルブログのプロフィールやFaceBookのプロフィールにも特に記載がなく、こうしたプロスポーツ選手の場合、結婚などの情報は公表すべしとされていますので、未婚の流離プレイヤーなのでしょう。まあ、自らの挑戦のために海外の給与水準が低いチームにも所属しているわけですから、そういうことなのでしょう。

 



 

まあ、現状は海外を転々としていますので、なかなか固定パートナーというのを作るのは難しいのかもしれませんね!自らが出版した「自分を開く技術」本にこれまでの人生や生き方などありとあらゆることは記載されているようですよ!サッカー本大賞作品にノミネートされているようなので、皆さん是非とも一票を!

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

Website is Protected by WordPress Protection from eDarpan.com.