三浦銀二(福大大濠)投手が甲子園のドラフト候補!中学時代の評判は?

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

 

2017年春の選抜高校野球大会では、熱い戦いが続いていますが、春の選抜注目選手として福岡大学付属大濠高校(福岡大大濠)のエース・三浦銀二投手を紹介します。福岡大大濠といえば三浦銀二投手と強肩強打の捕手・古賀悠斗選手中心のチームですが、三浦投手がドラフト候補?中学時代の評判など調べてみました。

 


三浦銀二さんのWiki
生年月日:1999年12月30日
出身地:福岡県福岡市
身長:175センチ
体重:70キロ
右投右打
投手

 

甲子園といえば、延長戦に成っても一人で投げ抜く悪しき文化が根付いているのですが、今年もその熱血投手が延長戦を制しました。福大大濠高校の三浦銀二投手。福岡大会では、初戦では8奪三振1失点、準々決勝の自由ヶ丘高校戦では9回6奪三振1四死球で完封勝利を果たします。その後も決勝まで一人で投げぬき、福岡大会優勝を果たすと続く九州大会では初戦の大分商業高校戦で9回12奪三振の完封勝利を果たすと、準決勝の秀岳館高校まで3試合連続完封勝利を果たします。

 

この3試合連続完封から、「福岡のドクターゼロ」というあだ名で呼ばれ始め、プロのスカウト陣からも注目を集める投手です。そして昨秋の神宮大会では初戦から9回4安打7奪三振の好投で、今回の選抜にも出場する明徳義塾高校の強力打線を完封で抑え、続く準決勝では清宮幸太郎選手擁する早稲田実業高校と対戦すると、8回6失点と打ち込まれるものの9奪三振の好投を見せ、今回の選抜出場が決定しています。

 

三浦銀二投手が甲子園のドラフト候補!?

 

三浦投手の球速は昨秋の九州大会で記録した144キロが最速、そして平均球速は130キロ後半であり、超高校級まではいきませんが、球種はスライダー、カーブ、チェンジアップと緩急を使ったピッチングが中心で、ストレートの球持ちは良く制球力も高いピッチャーです。高校生投手としてはかなり完成度が高く、先日の神宮大会でも結果を残す等、大舞台も経験しているので今大会本来のピッチングができればかなり上位まで勝ち進むかもしれないですね

 

 


 

三浦投手にはプロのスカウトが注目していますが、現時点では特にリストアップしている球団は報道されていません。ただ間違いなく指名があるのはこれから夏に掛けて具体的な球団も出てくるとは思いますから、三浦投手の一学年先輩に当たる濱池真澄投手はドラフト4位指名で阪神タイガースに入団していますよね。同じ高校の先輩後輩として阪神へ入団するのも面白いかもしれないですね。

 

三浦銀二投手の中学校の頃の常評判は!?

 

三浦投手は小学3年生の時に筑紫丘ファイターズに入団し野球を始めます。そこから、その情熱は切られることなく、筑紫丘中学時代は軟式野球部に入団し、中学3年生のときに福岡選抜に選出され全国大会も経験しています。

 

 


 

やはり中学時代から評価も高く、全国も経験している投手なんですね。この成績だと県外の名門校からスカウトもあったのではないかと思いますが、やはり地元の福岡大大濠が良かったんですかね。

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

Website is Protected by WordPress Protection from eDarpan.com.