いたばし花火大会2017のプログラムやナイアガラの滝が見える場所!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

 

さて、もう直ぐ夏が目の前のこの時期。夏祭りや花火大会をもう今のうちに下調べしておいてくださいね!

特に、今回はいたばし花火大会2017のプログラムや、一番目玉の大ナイアガラの滝がもっとも綺麗に見える場所をまとめました!

 

「いたばし花火大会」の画像検索結果


いたばし花火大会概要
日程:2017年8月5日(土)
開催時間:19:00〜20:30
※雨天時は翌日、さらに翌日も雨天時は注意します。
来場者数:52万人
場所:荒川河川敷 東京都板橋区
花火種類:尺玉、ナイアガラ
玉数:12000発
アクセス:JR埼京線浮間船渡駅、
都営三田線高島平駅、
西台駅、蓮根駅より徒歩20分

 

東京都内でもその花火大会の規模としては大きいと言われているいたばし花火大会!この「いたばし」は今まで漢字だと思っていたのですが、正式名称はしっかり平仮名でした 😛

 

さて、いたばし花火大会ですが、荒川を挟んで戸田橋花火大会と同時開催されます。つまり、いたばし花火大会と、戸田橋花火大会の2つを観覧できるという珍しい花火大会なのです!なんだかお得ですよね!! 😉

 

スポンサードリンク

 

いたばし花火大会2017のプログラム!

 

いたばし花火大会のプログラムはもうすでに一般公開されている情報になりますが、以下に詳細のプログラムをまとめてみました! 🙄

 

時間帯 打ち上げ概要
19:10 大会名物のワイドスターマインが、合計5箇所から打ち上がるど迫力オープニングでスタート!
19:30 日本最高峰の花火師10人が技を競い合う「芸術玉の共演」でじゃ新趣向の花火もここで登場します!
19:55 全長700M、関東最長級の「ナイアガラの滝」のあとは、「15万人の三本締め」で尺五寸玉も登場します!
20:25 昨年公表だった「天空のナイアガラ」が終わると、ワイドスターマイン「夜空の第万華鏡」で最高潮のフィナーレに!

 

こんな感じです!メインのナイアガラの滝は関東最大級と言われていますので、かなりファンにとっては楽しみなものです!!

 

ナイアガラの滝がもっとも綺麗に見える場所はどこ?

 

さてさて、いたばし花火大会のメインでもある「大ナイアガラの滝」は、規模でいうと700M級で連呼しますが、関東最大級と言われています。そんな関東最大級の大ナイアガラをどこのスポットで一番よく見えると思いますか??正解は…….

 

有料指定席の「プライムシート、もしくはS席」です!!

お金かかるんかーいっ!! 😛 

 

はい、そうです!!一番綺麗に大ナイアガラを拝もうとすると、どうしてもこの場所しか見える場所はありません!!

 

ちなみに、有料席の内容ですが、打ち上げ場所の真ん前に位置し、ワイドスターマインなどの仕掛け花火も目の前の真正面に上がる会場内最高の特等席が「プライムシート」。600mのナイアガラの滝を目の前に見ることが出来るエリアが「S席」になります。

 

それ以外は「A席」、有料指定席中もっとも打ち上げ場所から離れる座席が「B席」です。これらのシートは、まあ打ち上げ花火さえ座って見えればいいか、と言うコスパ重視の方に最適なシートです。

 

 


また、陸上競技場は、打ち上げ場所に隣接しており、花火の迫力が楽しめます。

 

ノーコストで100mの専用ナイアガラの滝やスポンサー提供の枠仕掛け花火は目に収めることができるのですが、メインのナイアガラの滝は見えないのです。これがコスト有無での大きな違いです。

 

まあ、これだけの違いがあります。みなさんが一夏の思い出として、何を見て、どこで見たかによって思い出の質は変わってきます。

 

それが人生経験の差でもあります。質の高い思い出を残されたい方はぜひとも有料席でご観覧いただきたいものですね!一夏の思い出も一生の思い出なのですから。

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

Website is Protected by WordPress Protection from eDarpan.com.