鹿の角きり奈良で開催!どこの祭り?角きりの歴史は?動画も公開!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

 

江戸時代より伝わりし鹿の角きり
が、例年のごとく始まりました。

鹿の角ってそもそも切れるの?
奈良県のどこでやってるのか?

鹿の角きりについて調べてみました。
鹿の角きり動画あり!

 

imgres

 

鹿の角きりは江戸戸初期から行われ
てきた伝統行事で、春日大社参道脇
の鹿苑の角きり場で行われます。
1回に3~4頭の雄鹿を角きり場に追い
込み、勢子がとり押さえてのこぎり
で切り落とすというものです。

 

まあ、伝統的な催事ということもあり、
鹿の角は公認の上で切り落としている
ようです。ちょっと見る人からすると、
想像つけがたくてショックなイメージ
かもしれませんが。

 

そもそもその鹿の角ってきれるのでし
ょうか!?!??ということで、鹿の
角きり動画を公開します!

 

 

興福寺が、奈良奉行の立会いのもとで
はじめたと伝えられています。当初は、
町民が家の格子ごしから観賞できるほ
ど、民家に近い町のなかで行われてい
たようです。

 

スポンサードリンク

 

鹿苑で行われるようになったのは、昭和
3年からのことです。明治・昭和の戦争
時には一時中断されたこともありますが、
代々受け継がれ、通算330回を超える
鹿の角きり。

 

烏帽子、直垂姿の神官が、のこぎりで角
を切ります。切った瞬間会場から大きな
拍手で包まれるそうです。切った角は神
前に供えられます。

 

imgres

 

 

鹿の角はほっておいても抜け落ち、毎年
生え変わるのですが、そのままにしてお
くと公園の木などで角を研ぐ為、角が鋭
くなってしまいます。安全管理という意
味でも角切りは重要な催事なんですね。

 

imgres

↑角を切り落とされた後の鹿

 

さて、三連休最終日も、鹿の角きりは行
われているようです。既に1600人が会場
に来ているっようですので、時間ある方
は是非足を運んではみては。

 

◆住所
奈良県奈良市春日野町160 奈良公園鹿苑角きり場
◆電話番号
0742-22-2388
◆期間
10月中旬の3日間
◆時間
12:00~15:00(入場14:30まで)
◆交通
近鉄奈良線近鉄奈良駅から奈良交通市内循環外回りバスで10分
春日大社表参道下車、徒歩7分-
◆入場料
大人1000円、小学生以下300円(カード利用不可)

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

Website is Protected by WordPress Protection from eDarpan.com.