佐々木圭一の経歴や作詞曲にミスチルとの関係!講演会イベント予定も!

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

 

日本のコピーライターである佐々木圭一さん。正直この記事を書くは前はどんな人物なのかも知りませんでした….レジェンドアーティストのミスチルとはどのような関係なのかなど謎はたくさんあります。そんなコピーライター佐々木圭一さんについて調べてみることにしました。

 


佐々木圭一さんのプロフィール
本名:佐々木圭一
生年月日:1972年9月30日生
出身:神奈川県
出身学校:
上智大学理工学部機械工学科卒業
同大学院理工学専攻にて修士課程修了

 

1997年に大手広告代理店の博報堂に入社した佐々木さん。コピーライターを専門とする部署に配属され、その後、あらゆるキャッチフレーズの作品を残していく中で、コピーの法則を自ら発見することになります。コピーの法則は後ほど簡単に説明しますね!

 

2005年から2007年には著名な広告クリエーター、リー・クロウのもとで米国でインターナショナルな仕事に従事し、また、作品の中にはカンヌ広告祭金賞をはじめとした、数々の広告賞を受賞しています。2013年コピーライターとして培ったノウハウを「伝え方が9割」というタイトルで出版。同年末に博報堂を退社し、現在では、ワタナベエンターテインメント所属しています。

 



 

今では2部作発売しており、すでに110万部を超える売り上げなんだそうです。凄まじい勢いで売り上げを伸ばしているせいか、佐々木さん自身が海外に出向いて講演会なども行っています。中国でもベストセラーのようですね。

 

スポンサードリンク

 

佐々木圭一さんとミスチルとの関係!

 

佐々木圭一さんとミスチルの関係っていうのは、調べる前からネットで話題になっていたので非常に気になっていました。

 

「ミスチルとはライブ仲間? 😎 」
「ミスチルとは飲み友達? 🙂 」

 

とかとかいろんな憶測が飛び交いましたが、なんと佐々木さんは過去にミスチルのキャッチコピーを作っていました!その作品は、あの有名な

 

「君が好き」

 

数あるキャッチコピーの作品を残した末に導き出したコピーの法則。この法則を築いた後のコピー作品こそが「君が好き」です。キャッチコピーは、

 

「言えないから、歌が生まれた」

 



 
この言葉から伝わるものとして、君のことが好きなんだけど言えない!!!やきもきとした感情にかられる気持ちが伝わります。そして、このコピーフレーズは、実際にネガティブなものからポジティブなものを生み出すという法則「ギャップ法」に沿って作られたコピー作品です。ギャップ法でコトバをつくる方法は以下”3つ”です。

 

1. 最も伝えたいコトバを決める。
2. 伝えたいコトバの正反対のワードを考え、前半に挿入する。
3. 前半と後半が繋がるように、コトバを組み合わせる。

 

君が好きのキャッチコピーを例に解釈してみると、

 

好きだけど、言えないジレンマ・・・・・・・・・・・・・ネガティブ
君に好きといいたいから歌を作ろう、歌で伝えよう・・・・ポジティブ

 

ネガティブとポジティブの対比だとこんな感じでしょうか。こうして、佐々木圭一さんとミスチルとの関係が生まれたわけです。他にもアルバム「It’s a Wonderful World」のキャッチコピーでは、

 

「この世を、もう一度好きになってやる」

 

 


 

と言うキャッッチコピーが使われています。ミスチルの作品にも名を残している佐々木さんのギャップ法は驚異的な浸透力を感じます。

 

佐々木圭一さんの講演会予定や作詞作品は?

 

さて、佐々木圭一さんの講演会予定ですが、現在は、一般の講演会サイトには予定はないようでした。
参照:講演依頼サイトSpeakers.jp

 


 

ちなみに、株式会社ウゴカスという、佐々木さんが代表を務める企業の公式サイトから、講演会のお問い合わせやお誘いができるようになっています。しかも学校講演は無料だそうです。一度チェックしてみてください。
参照:株式会社ウゴカス講演依頼ページ
参照:株式会社ウゴカス学校講演依頼ページ

 

さて、講演会はないものの、コーポレートサイトを確認していたら、少し高価ながら魅力的なセミナーを開催されているのを見つけてしまいました。表現力を磨きたい方はこういったセミナーを真剣に受講するのも検討してみる余地はありそうですね。

 
参照:伝え方が9割を学ぶ集中講座費用とスケジュール
 

 

さて、過去には佐々木圭一さんが作曲した作品はいくつかございます。その輝かしい実績を記載します。

 

郷ひろみさんさんの「Life」 ※オリコン最高位34位
CHEMISTRYさんの「LongLongway」※オリコン初登場5位
CHEMISTRYさんの「One x One」※オリコン初登場1位
CHEMISTRYさんの「This age」※アルバム「One x One」に収録

 

CHEMISTRYさんの作品はいずれも優しい歌詞で、比喩が分かりやすく、胸に響く歌詞がとても素敵な印象を持ちます。そして同じくCHEMISTRYさんの「oneone」も作詞しています。
他には、郷ひろみさんの「LIFE」も作詞されています。とても有名な方々の楽曲の作詞をしていて改めて偉大な方なんだな、と驚いています。

 

本日のまとめ

 

なかなかコピーライターさんのことを調べるって少ないとおもうのですが、今回佐々木圭一さんについてしらべてみて、きいたことあるキャッチコピーがいくつかありました。佐々木圭一さんという偉大な方が考えていたと知るとおもしろいですよね。作詞もされていますから、今後佐々木圭一さん作詞の曲をきいていみたいとおもいました。とても尊敬できる方ですね。

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

Website is Protected by WordPress Protection from eDarpan.com.