宮本信子の超美人画像!旦那が自殺した本当の理由は創価学会とも関係?

この記事は4分で読めます

スポンサードリンク

 

宮本信子をご存知でしょうか?今でこそ72歳という高齢でありながら、近年もテレビドラマ【あまちゃん】等でも活躍していますね。そんな宮本信子さん実は若き頃が本当に美人だったのか?気になる旦那の死の真相についても調査しました。

 

 


宮本信子のwiki情報
・本名: 宮本信子(みやもとのぶこ)
・生年月日:1945年3月27日(72歳)
・出身地:北海道小樽市
・学歴:愛知淑徳高等学校卒業
・職業:女優・歌手
・活動期間:1963年〜

 

スポンサードリンク

 

宮本信子さんは高校を卒業した1963年からすぐに演劇を学ぶ為に、文学座付属演劇研究所に入ります。

 

そこで出会う事になるのが、後の旦那さんとなる伊丹十三さんです。伊丹十三さんとは共演がきっかけで出会う事になるのですが、その作品は「日本春歌考」に出演します。

 

これがきっかけになった訳なのですが、伊丹十三さんは、実は離婚して宮本信子さんと一緒になっているんですね。熱愛ゆえの電撃結婚だったのでしょう。

 


 

さて、そんな宮本信子さんと伊丹十三さんですが、二人とも女優・俳優で、有名な仕事を沢山してきましたね。

 

特に【マルサの女】では、板倉亮子役で大ブレイクしました。

 

この時の髪型はおかっぱに寝ぐせと少し癖のあるキャラではありますが。この映画は女査察官を主人公に描いた作品です。

 

この作品で脚本を担当したのは旦那さんの伊丹十三さんです。

 

宮本信子さんは、以降多くの役柄をこなす大女優となっていった訳ですが、若き時代は美人であった事も有名です。

 

そんな宮本信子さんの若き時代は気になりますよね。

 

宮本信子さんの若き女優時代は実は美人だった!

 

大女優さながら、宮本信子さんは、その役割が幅広い女優で美人役もこなし、コミカルな役や、不細工な役等とにかく様々な役を幅広くこなしてきた事でマルチな女優としても認められています。

 

中でも若き日の頃の女優時代は美人であった事で有名です。

 

その美人とされていた時代の若き写真についてはこちらです。

 

宮本信子さんの若き時代の写真

 


 

今とは全くの別人!! 😎 

 

これがみなさん共通して持つ感想かと思います。白黒写真ですが、古き良き時代の良い女といった雰囲気で、時代の背景も伝わってきますね。

 

現在は70代に突入した宮本信子さんですが、きっと若い頃は色々な俳優さんから声も掛かっていたでしょう 🙂 

 

近年放送されていた連続ドラマ【あまちゃん】にも出演していた宮本信子さんは、なんと

 

紫綬褒章

 

を受賞しているんだそうです。これは知らなかった。。。凄い!!

 


 

美人であり、今もなお、その演技も変わらず定評があるのも素晴らしい事です。

 

宮本信子さんの旦那・伊丹十三は自殺した?

 

ここまで、色々な配役を演じてきたと話した宮本信子さん。それに大きく寄与したとされているのが旦那さんの存在です。

 

宮本信子さんにはなかなか良い配役がまわってこないなら、自分自らがメガホンをとろうと言ったとても素敵な気持ちからです。

 

二人はおしどり夫婦としても業界では有名でした。

 


 

そんな素敵な旦那さんであった伊丹十三さんも、64歳でこの世を去ります。死因はというと、

 

自殺….

 

しかし、この自殺話には多くの噂話が存在しています。

 

謎1:遺恨関係で脅迫を受けていた

伊丹十三さんは、愛妻家でありながら裏では不倫関係も噂されていました。

また、SMクラブ等にも出入りしたと言われています。

つまり、「不倫関係の遺恨や、SMクラブの出入りしていた件を世間にバラす」、という脅迫を受けていた可能性があるのでは?

 

と言われています。これが真実ならば、人を死に追いやる行為ですので恐ろしいことですよね。

 

 

謎2:創価学会から狙われていた

 

 

当時、映画撮影をしていた中で、後藤組と創価学会の関係を題材に映画企画を立ち上げていたそうです。

 

この時、創価学会のイメージを損なうような映画企画に伊丹十三さんは制作企画を実施した経緯があります。

 

そのため、創価学会の関係者が怪しいと当時のニュースでも取り沙汰されていました。 :mrgreen: 

 

謎3:暴力団員から狙われていた

ミンボーの女が1992年に公開直後に襲撃事件も発生しましたよね。

 

また、死ぬ間際に制作していた映画も「医療廃棄物」の裏世界を弾劾するような映画でした。

 

よって、元々から何者かに狙われていた可能性が高いですよね。

 

暴力団を弾劾する映画を複数つくったことで、暴力団から目をつけられ、自殺に見せかけられた殺された。

 

ということであれば筋が通ります。

 

謎4:伊丹十三らしかぬ遺書内容

 

伊丹十三は事務所マンションから飛び降り自殺をしたとされていますが、その際に事務所ワープロに遺書が残されていました。

 

そこには、伊丹十三さんがマスコミ関係各社をひどく非難した内容を記載されていたそうです。

 

伊丹十三さんの性格上、そのような行為はしないことが関係者からもコメントが多く出ており、

 

やはり、この自殺には裏の事情が関連している可能性が高い、と結論付けられているのです。

 

結局のところ、真相は現在も明らかになっておらず、当事者の創価学会側も風評被害を受けたとして、

 

掲示板管理者へ80万円の損害賠償が認められています。

 

まさに壮絶。。。 :mrgreen: 

 

死後は伊丹さんの記念館を宮本信子さんが創設されています。

 

 


 

安らかに眠り、宮本さんを見守っていただきたいですね。

 

本日のまとめ

 

伊丹十三さんの死は謎が深く、そこには日本社会の闇も見え隠れしますね。

 

しかしは真実はもっと簡単で時にはそれらが捻じ曲げって報道されてしまうので、実際のところは宮本信子さんに申し訳ない気持ちでいっぱいではなかったのではないでしょうか?

 

それまで脚本家と主演女優であり、夫妻であり、仲睦まじくやっていた訳ですから、週刊誌によって家庭環境も悪くなっていた事も感じます。

 

その罪悪感から自殺なんて事も考えられるのではないでしょうか。

 

最期にそんな事もあっても、記念館まで建てる奥さんである宮本信子さんの愛情を感じますね。

 

現在俳優としてそのご子息である、長男の池内万作さんと次男の池内万平も同じく俳優として活動しています。

 

池内万作さんの詳細はこちら↓

 

宮本信子さんもまだまだ現役で活躍している事から、今後は親子の活躍もさらに期待していきましょう。

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

Website is Protected by WordPress Protection from eDarpan.com.