先生好きになってもいいですかの主題歌の歌詞がやばい!ロケ地はどこ?

この記事は6分で読めます

スポンサードリンク

 

10月に公開される映画「先生!、、、好きになってもいいですか?」その主題歌の歌詞がやばいと話題になっています。気になる内容とは?撮影されたロケ地はどこなのか調査してみました!

 


「先生好きになってもいいですか」の情報
・タイトル:「先生!、、、好きになってもいいですか?」
・上映日:2017年10月17日
・監督:三木孝浩
・脚本:岡田磨里
・原作:河原和音
・出演者:生田斗真、広瀬すず、他
・主題歌:スピッツ 「歌うさぎ」

 

スポンサードリンク

 

「先生!好きになってもいいですか?」河原和音さん原作の人気少女マンガ「先生!」を、生田斗真さんと広瀬すずさんの初共演で映画化した作品です。

 

ちなみにその映画ネタバレ詳細も公開されていますので、こちらをご覧ください。↓

 

 

広瀬すず演じる島田響は、17歳の女子高生。

 

恋する気持ちを知らなかった響が初めて恋をしたのは、隣のクラスの担任である生田斗真演じる伊藤晋作でした。

 

二人の恋の行方は?ピュアな恋物語に、胸キュン間違いなしです!

 

映画の原作無料で見るなら
【FODプレミアム】

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

「先生好きになってもいいですか?」の歌詞がヤバイ!?提供したのはあのバンド!

 

今回「先生好きになってもいいですか?」の主題歌に決まったのは、

 

スピッツの「歌ウサギ」 😎 

 

「歌ウサギ」はこの映画のために書き下ろした楽曲で、

 


「恥ずかしい思い出と向き合いながら作った曲ですが、このかわいい恋愛映画に寄り添うことが出来れば幸いです」

 

と、コメントしていました。いつになってもCOOLでかっこいいですね!

 

2017年7月5日に結成30年記念アルバム「CYCLE HIT 1991-2017 Spitz Complete Single Collection -30th Anniversary BOX-」をリリースしていますが、「歌ウサギ」も収録されています。

 

実写映画の主題歌として数々の楽曲を提供しているスピッツですが、新曲を提供するのは約9年ぶりのこと。

 

30周年記念アルバムは是非おすすめです。こちらから↓

 

前回は、2008年公開の福田沙紀さん主演「櫻の園 -さくらのその-」で、主題歌は34枚目のシングルとなる「若葉」を提供しています。

 

櫻の園 -さくらのその-

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

櫻の園 オリジナル・サウンドトラック/川井憲次[CD]【返品種別A】
価格:2010円(税込、送料別) (2017/9/27時点)

 

映画にピッタリな、心に残る歌声でした。

 

今回の「歌ウサギ」、なんとも歌詞がヤバイそうなのですが…早速歌詞を調べるために聞いてみました!

 

思ったより、バラードっぽくなくどちらかというとテンポよく流れる曲なのですが…

 

歌詞が、泣ける!

 

伊藤先生の視点で見た歌のように思えました。仏頂面で多くを語らない伊藤先生が、

 

響に対してこんな気持ちを抱いていたなんて…想像しただけで涙が出来そう… 😐 

 

少しサビの方に↓のような歌詞が有ります。文字に起こしてみると本当に切ないけどいい恋愛だと思える歌詞ですよね。

 

歌うさぎの歌詞抜粋


 

映画の予告も見てみたのですが、響のまっすぐな気持ちに草野正宗さんの歌声がぴったりはまってまるでアンサーソングのような印象を受けました!

 

映画の予告編

 

原作者である川原和音さんは、実はスピッツ歌を聴きながら原作マンガ「先生!」を描いていたそうです。

 

1996年から2003年にかけて連載をしていた作品なので「チェリー」や「楓」を聴いていたのかな~?なんて想像してしまいました。

 

また、監督の三木孝浩さんも、制作準備段階からスピッツを聴いていたようで、念願のオファーとなりました。

 

スピッツの歌って、いつもどこか前向きな切なさがあって世代を超えて愛されているのもよくわかりますよね。

 

映画の原作無料で見るなら
【FODプレミアム】

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

映画「先生、、、好きになってもいいですか?」の原作を無料で見る方法!

 

映画「先生、、、好きになってもいいですか?」の原作をすべて無料でみたい!

 

そんな方にオススメなのが、

 

フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】

 

FODプレミアムでは、動画だけでなく、書籍も無料で読めるんです!


FODはここがすごい!6つの特徴はこちら↓

 

(1)フジテレビの動画が豊富!しかも独占タイトルが5,000本以上!

フジテレビの現在放送中のタイトルだけでなく、
『コード・ブルー』『リッチマン、プアウーマン』『昼顔』
などの過去の名作ドラマを中心に5,000本以上の独占タイトル
を配信しています!それ以外にもバラエティ、アニメ、 映画
など様々なジャンルから、選りすぐりのラインアップ!
あの大人気タイトルがいつでもどこでも楽しめます。

 

(2)動画以外にも雑誌やコミックも楽しめる!
FRIDAYやFLASHなど100誌以上の人気雑誌が読み放題で
15万冊以上のコミックも楽しむ事が出来ます。

 

(3)毎月「フジテレビの日」(最大1200ポイント)プレゼント実施中!
10/1より会員限定で合計で最大1200ポイント(1200円分)
プレゼントと9月の約1.5倍に大幅増加しました!
8のつく8日、18日、28日に400ポイントゲット出来ますので
全会員にプレゼントされる100ポイントも合わせて毎月8日
には500ポイントも無料でゲット出来ちゃいます!
『君の名は。』や『シン・ゴジラ』などの映画視聴には
500ポイント必要ですが、これで毎月8日にはドラマ以外
にも映画も無料で見れちゃいます!
月末までには更にもう1本見れちゃいます!

 

(4)地上波放送ドラマのオリジナルエンディングも配信中!
実はFODプレミアムにもいくつもあるんです!
その中の1つがこちら↓↓↓
クズの本懐

 

(5)無料お試し期間が終わっても、月額888円で全て見放題!
Yahoo! JAPAN IDを利用しての新規登録で、
お得な新・見放題コース【FODプレミアム】月額888円(税抜)が
31日間無料キャンペーン中!【FODプレミアム】
いつでも無料で解約できるので、安心してご利用いただけます。

 

(6)新番組配信などの更新情報を入手し易い!

《1》プレスリリース一覧

《2》新番組・プレゼントキャンペーンなどの告知
・ツイッター

 

 

まずは無料でお試し!
【FODプレミアム】

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

上記で説明した無料ポイントを使えばかなりお得です!!

 

毎月1200ポイント獲得できますので、

 

先生、、、好きになってもいいですか?の原作だけでなく、

 

その他、新作書籍を見ることができます!かなりお得!!

 

こんな感じで書籍を無料で見ることができます↓↓

 

 

まずは無料でお試し!
【FODプレミアム】

 

 

「先生好きになってもいいですか?」のロケ地はどこ?

 

「先生好きになってもいいですか?」はどこで撮影されていたのか気になりますよね!

 

ロケ地ツアーしたい!っていう方も多いのではないでしょうか?

 

2016年11月の初めころからクランクインしたのですが、舞台はなんと岡山県!一か所だけではなく、岡山県の各所で目撃情報が上がっていました!

 

その1.「西大寺高校」

 


 

11月26日にロケ現場が目撃されていました。この日は、響と伊藤先生がいる高校の文化祭の撮影をしていたようで、校門には「南高祭」の看板が出ていました。

 

また、教室でのシーンも撮影していたのですが、撮影中も通常授業が行われ緊張感がある現場になったそうです。

 

物語のとても重要なシーンなだけに、生徒も興奮しちゃいますよね!

 

その2.「岡山県総合グラウンド」

 


 

このグラウンドでは、自転車に乗る広瀬すずさんが目撃されました!生田斗真さんもいて、偶然主役の二人を見つけた人も!うらやましいですね!

 

他にも、岡山市内各で撮影をしていたようで、路面電車や繁華街などもありました。少し懐かしい雰囲気が合っているのかもしれませんね。

 

本作品の原作をご覧になりたい方は、こちらから↓

 

漫画原作「先生!」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

先生!全11巻セット
価格:7353円(税込、送料無料) (2017/9/25時点)

 

本日のまとめ

 

今回は「先生好きになってもいいですか?」の主題歌やロケ地に注目してみました!

 

スピッツの歌は何度聴いてもいいですね。聞く度にいつも新鮮さを感じるのが不思議です。

 

岡山のロケ地もどことなく懐かしく、映画を観たらひと昔前の自分と重ねてしまう方も多いかも。

 

親子で鑑賞するのもありかもしれないですね。公開の日を楽しみにしています。

 

まずは無料でお試し!
【FODプレミアム】

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Website is Protected by WordPress Protection from eDarpan.com.