ラストレシピ麒麟の舌の記憶の撮影場所や主題歌は誰?結末も予想!

この記事は4分で読めます

スポンサードリンク

 

二宮和也さん主演!2017年11月3日公開の映画「ラストレシピ-麒麟の舌の記憶-」「ロケ地巡り」したいファン必見の撮影場所や嵐メンバーが主演の映画主題歌が非常に気になるところです。秋に先駆けて詳しく調査してみました。

 


「ラストレシピ-麒麟の舌の記憶-」の情報
・タイトル:「ラストレシピ-麒麟の舌の記憶-」
・上映日:2017年11月3日
・監督:滝田洋二郎
・脚本:林民夫
・原作:田中経一
・企画:秋元康
・出演者: 佐々木充 ・・・二宮和也
山形直太朗・・・西島秀俊
柳沢健  ・・・綾野剛
山形千鶴 ・・・宮崎あおい
鎌田正太郎・・・西畑大吾
三宅太蔵 ・・・竹野内豊

 

スポンサードリンク

 

この作品、主演と監督がそれぞれ日米アカデミー受賞を受賞していることとあって、大変注目を浴びています。

 

二宮和也さんは、2015年に公開された「母と暮らせば」で

 

日本アカデミー賞
最優秀主演男優賞を受賞 😥 

 

滝田洋二郎監督は、2008年に公開された「おくりびと」で

 

アメリカのアカデミー賞
外国語映画賞受賞 😀 

 

アカデミー賞コンビが作り上げた映画となっています。

 


 

原作である田中経一さんの同名小説を読んだ、秋元康さんが映画化を企画したということで、

 

大ヒット間違いなし!と言われるのもなんとなく想像がつきますよね!

 

「ラストレシピ-麒麟の舌の記憶-」の撮影場所ってどこ!?

 

さて、映画ラストレシピの舞台となるのは、1930年代の日本と満州

 

映画では、二つの時代を平行に語っているため、2000年とそれより70年前の1930年代の情景が映ります!

 

時間も場所もとてもスケールの大きい内容のようですね。

 

情報によると、撮影期間は2016年7月中旬から始まり10月まで行っていたようで各地で目撃情報があがっていましたよ!

 

二宮さん演じる主人公:佐々木充は、現代の料理人。

 

そして、撮影現場となったのは、

 

東京茅場町の老舗割烹「T」

 

イニシャルTとはいえ、ネットで探せば一発で見つかりましたよ!それがここ↓

 

老舗割烹の辰巳

 

7月の中旬にロケ撮影を実施していたようで、嵐ファンからはすでに「聖地」として認定されているようです。

 

あくまで目撃情報ですが、

 

割烹辰巳の入り口から見た右から2番目にあたるカウンター席。
そこに二宮さんが座っていた!

 

と、詳しい情報までネタになっているようです。

 

とてもいい雰囲気のある割烹辰巳はランチタイムもありファンが押し寄せているようです。

 

また、もう一店舗東京駅近くにある

 

割烹や満登

 

こちらでも撮影していたようですね。モダンでおしゃれな雰囲気で現代っぽさがより伝わりました。

 

 


また、共演する綾野剛と宮崎あおいは1930年代の出演者。

 

このお二人は、

 

中野区にある中華食堂「T」

 

の撮影にて目撃されていたようです。ここも中野区域の中華料理店のTといえばここでした↓

 

中野中華料理「天祥」

 

きっと、レトロな雰囲気のお店なんでしょうね。

 

2016年10月2日には、山形県の旧県庁舎「文翔館」にて撮影が行われていたと噂になっていました!

 


 

前日には、「文翔館の」近代的なレンガ造り似合うようなクラシックカーが運び込まれていたようです。

 

現代の役である二宮さん
過去の人物である西島秀俊さん、宮崎あおいさん

 

が、目撃されたとのこと。

 

時代が交錯する重要な場所なのかもしれませんね。

 

「ラストレシピ-麒麟の舌の記憶-」の主題歌は?

 

「ラストレシピ-麒麟の舌の記憶-」の主題歌は一体誰が歌うのでしょうね!

 

実は、いまだ公表されておらず情報は見当たりませんでした…残念。

 

もちろん、更新され次第情報を更新いたしますが、嵐の映画の法則として、メンバーが出演する映画で嵐の曲が採用されているのは

 

2013年公開で二宮和也さん主演の「プラチナデータ」での「Breathless」

 

 

そして2017年7月1日公開で大野智也さん主演の「忍びの国」には、52枚目のシングルである「つなぐ」が選ばれました。

 

 

この「つなぐ」ですが、リリースされたのは映画が公開される2日前だったようです!

 

嵐の歌が主題歌に使われている場合、直前までわからない可能性もありますね。

 

気になるラストは?物語の結末を予想!

 

物語は、どういう結末を迎えるのか…気になってきましたね!

 

麒麟の舌と呼ばれる絶対味覚をもつ佐々木充が、70年前に天皇の料理番であった山形直太朗のレシピを再現する…

 

というところから始まる物語。公式ホームページを見ると、

 

感動の結末 😥 

 

と、評してありました。

 


 

予告を見ると、山形直太朗が戦時中に多数の理不尽な目に遭っていることが伝わり、死別したり、裏切られたりする要素がたくさん伝わりました。

 

まさに、胸が締め付けられそうな雰囲気 😆 

 

一方で、現代に生きる佐々木充は自ら心を閉ざしていて、自分の才能しか信じられないといった孤独を抱えています。

 

レシピで料理を再現するだけではなく、山形直太朗の生涯にたどり着いた時…何か奇跡が起きるのかもしれません!

 

本日のまとめ

 

今回は、今秋公開の「ラストレシピ-麒麟の舌の記憶-」について調査してみました!

 

共演者も主役級の実力はぞろいで見ごたえがありそうでしたね。

 

また、劇中に登場する料理はフードコーディネーターとして「服部栄養専門学校」が監修。

 

二宮さんは撮影するにあたり同専門学校へ通っていたようで、調理姿にも料理にも注目ですね!

 

楽しみにしています。

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

Website is Protected by WordPress Protection from eDarpan.com.