映画南瓜とマヨネーズネタバレと結末予想!ロケ地&撮影場所に主題歌も

この記事は5分で読めます

スポンサードリンク

 

2017年11月に公開予定の「南瓜とマヨネーズ」は、魚喃キリコさん著作の原作が漫画です。

 

今回はその実写版で、主演は臼田あさ美さんです。映画はどのような結末を迎えるのでしょうか?

 

撮影ロケ地などを混じえながら紹介していきます。

 

 


臼田あさ美のwiki情報
・本名: 臼田 あさみ(うすだ あさみ)
・生年月日:1984年10月17日(32歳)
・出身地:千葉県
・学歴: 高校の情報は無し。大学には進学していないようです。
・職業:女優・モデル
・活動期間:2003年~

 

スポンサードリンク

 

今回この映画のメインキャストを努める事になった、「ツチダ」役で出演するのは臼田あさみさん。

 

魚喃キリコさん著作の「南瓜とマヨネーズ」は元々の原作ファンも多く、

 

更には、今回の主演及びにメインキャストの豪華さにも興奮したファンも多くいるようですね。

 

今作品が、世に出たのは実は1990年代です 😎 

 

1998年~1999年頃に、CUTiE Comic(2001年までに休刊)内での恋愛ものの連載漫画です。

 

復刻版も出版されたことから、人気の高さも伺えますよね! 😎 

 

よりスムーズに作品をご覧いただけるように、作品のネタバレ部分を説明します。

 

主演であるツチダ(臼田あさみ)が、

 

とあるミュージシャンである恋人のせいいちはとにかく女好きのダメンズ要素の多い恋人でした。

 

せいいちはスランプでもあったので曲も書けず、のうのうと過ごしていたところ、

 

ツチダは、ひっそりとキャバクラで働き始めてから物語は一変します。

 


 

ツチダは、客を愛人に持つ等これまでと変わっていく様にせいいちは奮起し、

 

しっかり自ら働く事を決意したのです。

 

しかし、そこに過去の恋人が現れてしまい、また渦中へと流されていく…

 

この二人のストーリーが気になる映画ですよね。。。 😛

 

ちなみに今回のドラマはハマり役で、俳優陣もイメージどおりとも話題になっていますね。

 

せいいちは若手俳優の太賀と、過去の恋人役ハギオには、オダギリジョーが抜擢されています。

 

今作品を映画化した監督は、富永昌敬さんです。

 

彼の作品には実は、オダギリジョ-や奥さんの香椎由宇も出演しています。

 

富永昌敬さんのこれまでの実写化作品で話題になったのは、「パンドラの匣」もその一つと言えるでしょう。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

パンドラの匣 [ 染谷将太 ]
価格:4568円(税込、送料無料) (2017/9/27時点)

 

そして、今回2017年にて公開決定した映画化作品「南瓜とマヨネーズ」実際どのような作品となるのか、

 

あらすじとそのクライマックスの結末についても触れてみましょう。

 

南瓜とマヨネーズのあらすじや気になる結末予想!

 

さて、映画の内容は触れましたが、より詳細な情報について記載していきます。

 

本作品のキャスト一覧は以下のようになっています。

 

作品のメインキャストと登場人物
ツチダ(土田)…臼田あさ美
せいいいち…太賀
ハギオ…オダギリジョー
田中…浅香航大
寺尾…若葉竜也
川内…大友律
可奈子…清水くるみ
尚美…岡田サリオ
安原…光石研

 

さて、ここから原作のあらすじを解説します!

 

せいいちと土田は同棲をしていました、調度1年半といったところですね。

 

まぁ、世の中のカップルは大体がそういった仲になると同棲をしたがるものです。

 

ただ、この物語の主人公のせいいちは、音楽家である事を理由にして同棲している彼女の

 

土田をヒモにしている情けない状態になっていました。 😛

 

こういった生活にも不満を覚えたのか、土田はひっそりと水商売を始める事になります。

 

彼氏の生活力の無さから、けなげに土田の方が、働く姿が泣けます。

 

そしてそんな中一つ想い出す事は元カレのハギオ(オダギリジョー)です。

 


 

このハギオはダメンズの極みであり、

 

女たらしでかつ、妊娠をさせた挙句、中絶…

 

と中々ハードな過去を持っている土田を救ったのは、実は今の彼氏であるせいいちでした。 😕 

 

ハギオに傷つけられてどうしようもなくなっていた彼女を救った事で、

 

土田はせいいちと交際するに至った訳ですね。

 

しかし、現在こうなっているのもいい人であるせいいちの夢の為、自身を削り同棲する土田。

 

そんな土田の生活も貯金もなく、借金まで増えつつある現状に焦りを感じていました。

 

そんな中、お客から1回10万円でどうか?とついに愛人契約を持ちかけられたのです。それを受け入れた土田。

 

ただ、そんなことが発覚するまでに時間は掛からずに、この事はせいいちにばれてしまうのです。

 

お互いが想っていた事を口にしてしまう事でギスギスした関係になってしまいます。

 

そしてこの件から、せいいちは心を変えて、ついにバイトを始め、キャバクラを辞めた土田。

 

これでまた元の生活に戻れると信じて二人がいつものように生活していると、いけない再会をしてしまいます。

 

ここでハギノ(オダギリジョ-)との再会を果たします。

 

ここで連絡先を交換してしまう事で関係をつくってしまう土田はホテルで一夜を共にしました。

 

そこからハギオとの関係がまた始まってしまうのでした。

 

さて、あらすじを見て頂きましたが、女性の揺れ動く心を的確にとらえた映画ですね。

 

この物語の結末はハギオと寄りを戻すのか、それとも…

 

っといった感じで、淡い恋心の行方が気になるところです。

 

ハギオとの関係は一時的な事であると思いますので、私は物語は最期はきっとハッピーエンドに向かって、

 

最期に自分の本当の気持ちに気付くといったところで完結するのではないかと思っています。

 

この作品の原作はこちらです↓今回の映画の予習にどうぞ↓

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

南瓜とマヨネーズ (フィールコミックスGOLD) [ 魚喃キリコ ]
価格:993円(税込、送料無料) (2017/9/27時点)

 

気になるロケ地や撮影場や主題歌は誰が歌っている?

 

さて、ここまではあらすじと結末予想になりましたが、

 

ここからは撮影場所等も気になってしまいましたのでリサーチしてみました。

 

撮影の本拠地になったのは、

 

東京都下北沢!!

 

下北沢と言えば、井の頭線で、渋谷からも立地の近い事で有名です。

 

よく映画の撮影地としても使用されていますよね。

 

・カエルカフェ前
こちらは渋谷区の神宮前にある場所で、臼田さんと太賀さんが歩くワンシーンにて使用されていますね。

 

 

・西葛西の龍高飯店
こちらは西葛西駅からすぐのところにある、中華料理店ですね。
ここの中華もおいしいことで話題になる店なので一度行く機会があれば足を運ぶのもありですね。
オダギリさんの撮影シーンはこちらであったそうです。

 


・荻窪駅付近の裏路地
こちらでは、臼田さんとオダギリさんの撮影が行われていた事でも話題になっていますが、
俳優さん等もよく荻窪で飲んでいるなんて聞きますよね。

 

 

そして最期には、今回の映画でも劇中に使用されたテーマソングはやくしまるえつこさんが担当されるそうですね。

 

・やくしまるえつこ<“ヒゲちゃん”>

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

RADIO ONSEN EUTOPIA [ やくしまるえつこ ]
価格:2700円(税込、送料無料) (2017/9/27時点)

 

やくしまるえつこさんのこのアルバムを聴き比べながら、この機会に曲を知るのも良いかもしれませんね。

 

本日のまとめ

 

今回は、映画のメインキャストであるオダギリジョ-さんも話題になりましたが、

 

他の若手俳優や女優さんにも注目があつまっています。今回の映画について取り上げて想ったのは女性心の難しさです。

 

何せ映画での描写は生々しさもあり、リアルな女性像を感じる事もできるのでこの映画をカップルで見に行く場合は、

 

男性は「元カレと連絡とってる?」なんて疑心暗鬼にならない事を祈ります。11月の公開が楽しみですね。

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

Website is Protected by WordPress Protection from eDarpan.com.