映画未成年だけどコドモじゃないのネタバレ結末予想!ロケ地や主題歌!

この記事は5分で読めます

スポンサードリンク

 

映画「未成年だけどコドモじゃない!」をご存知でしょうか?

 

映画化が決定し、気になる映画はクリスマス全国ロードショーが公開予定です。

 

本作品はどのような作品になるのでしょうか?調べてみました。

 

 


未成年だけどコドモじゃないwiki情報
・タイトル:未成年だけどコドモじゃない(みせいねんだけどこどもじゃない)
・発表号:2013年1号~2016年5号
・出版社:小学館
・レーベル:フラワーコミックス
・作者:水波風南
・連載期間:2012年12月5日~2016年2月6日で完結

 

スポンサードリンク

 

さて、今回とりあげるのは、「未成年だけどコドモじゃない」についてです。

 

今回取り上げる映画については原作は完結していますが、映画ではどのような変更点があるのでしょうか?

 

まずは内容はこの後に説明していきますね。

 

さて、今作品の「未成年だけどコドモじゃない」についてそれではお伝えしていこうと思います。

 

原作は漫画ですが、どういった人物が登場するのでしょうか?先に紹介しておきますしょう。

 

この物語の主人公である折山香琳(平佑奈さん)は、この映画の設定上16歳という設定です。

 

そしてその相手は鶴木尚(中島健人さん)は18歳であり、折山とは2つ年の差があります。

 

鶴木は所謂スポーツ青年であり、サッカー部のエースとして活躍しているし、更に勉強もできる憧れの存在なのです。

 

折山は、甘えん坊のお嬢様で、家柄も良く金持ちの家で育っている。

 

これに加え、折山はお金の力で進学や進級をしてきた為、とにかく何もできない脱力系の女子なのです。

 

こんな正反対の二人のカップルがまさかの結婚を果たすラブコメディなのですが、ここに更に昔から、

 

折山に思いを寄せる、海老名五十鈴(知念侑季さん)が二人の関係に入り離婚を…と波乱の続くドキドキの展開に、

 

三人の運命は思わぬ方向に進んでいきます。

 

映画公開日詳細
映画『未成年だけどコドモじゃない』

公開日程:2017年12月23日(土)全国ロードショー

出演:鶴木尚(中島健人さん)、折山花琳(平佑奈さん)、海老名五十鈴(知念侑季さん)、松井沙綾(山本舞香さん)

監督:英勉

・配給:東映

映画未成年だけどコドモじゃないのネタバレと結末予想について

 

今回取り上げた「未成年だけどコドモじゃない」についてここからは、

 

それぞれのあらすじやそれに関するネタバレ等物語に関わる結末予想をしていきましょう。

 

この作品の原作は漫画作品なので、肝心の漫画作品は既に完結しているとはお話しました。

 

実写映画化においては、多少のリメイクや変更点は入るかとは思いますが、

 

ストーリーにはどのような影響を与えていくのでしょうか?

 

気になる方は原作はこちらから↓

 

 

冒頭では簡潔に、関係主要キャラクターについて紹介しました。

 

それではここからは映画の内容部分に大きく触れていく事になるので、ネタバレになってしまいますが、

 

気になる方は続けてお読み下さい。

 

この「未成年だけどコドモじゃない」の主人公である、折山はとにかく我儘放題に育てられてきたのですが、

 

16歳の誕生日に何と父親が仰天のプレゼントをするのですがそれがなんと「結婚」です。

 

その「結婚」をプレゼントする為に、父からはウエディングドレスをプレゼントに贈られて、困惑してしまう折山。

 

だけれど、肝心な相手は誰なのかを父親に聞くまではわからなかった訳ですが、相手の名前は「鶴木尚」。

 

この鶴木尚は同じ高校の中で、折山が片思いしている相手であった為、最初は困惑したものの、

 

内心はとびきりのプレゼントと言わんばかりに喜んでいました。

 

相手も結婚の事を了承済みであり、お互いの家には挨拶をしましたが、

 

世間ではこの結婚を内密にする事で話はついていました。しかし実は鶴木は結婚した目的は別にありました。

 

結婚後は、勿論家を出て新しい新居へ…しかしその用意されていた新居はボロ家で、

 

これは折山の親もかつては若い頃は苦労していた事からあえての同じスタート。

 

これで二人の絆を強くする為と両親は考え二人は頑張って生活を…との最中に、鶴木に変化が?

 

又、折山の幼馴染はこの結婚に納得がいかず、離婚させようと画策するのは海老名五十鈴(知念侑季さん)です。

 

なにこの展開と言わんばかりの悲鳴が聞こえてきそうですね。

 

特に主人公男性の二人のファン方はこんな夢みたいな状況羨ましいですよね。

 

さて、そして結末はどうなるかですが、漫画と実写だと変化する場合もありますから、何とも言えませんが、

 

漫画はとりあえず鶴木が高校卒業後、新婚旅行で二人は本当の愛に結ばれ良い結果に終わるといったハッピーな形で幕を閉じます。

 

でもこの部分をひっくり返すようなストーリー展開にはならないと思いますので、少なくとも私が、

 

脚本を務めるなら、クリスマスの前日には、皆の心を幸せな気持ちにしたいと思うので。

 

映画「未成年だけどコドモじゃない」気になるロケ地情報と主題歌は誰が歌うのか?

 

さて、ここまでは映画ネタバレについて内容を取り上げました。

 

ここからは気になるロケ地のエピソードについてもリサーチしてみました。

 

この映画の大きな生活の中心は、学校内でのロケが多くなるのだろうという事でやはり主たるロケは学校で行われたようです。

 

・東京都渋谷区<実践女子大学>

 

・渋谷キャンパスについて
〒150-0011 東京都渋谷区東1丁目1−49

 

又、主人公のキャラクターである鶴木はサッカー部なので、サッカーの試合の撮影はどこで?

 

という事ですがこちらは駿河台大学のグランウンドのようですよ。

 

・<駿河台大学>
〒357-8555 埼玉県飯能市阿須698
駿河台大学のグラウンドは綺麗なのでロケにはぴったりだったのでしょうね。

 

さて、主題歌情報についてですが、ムービーコミック版のエンディングはlolの「shhh…」でしたね。
今回の映画では、誰がその主題歌を担当するのかと思いましたが、やはり主人公所属のあのグループなのでしょうか?

 

lolの「shhh…」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

lolol [ lol ]
価格:3000円(税込、送料無料) (2017/9/30時点)

 

ただし、劇場版の2017年9月時点では明確な情報がありません。

 

ただ、主人公の所属している中島さんや知念さんの所属するSexyZoneなのかHey!Say!JUMPなのかはたまた別のグループなのか、

 

出演している主人公の中島さんの所属グループである可能性は強いでしょう。

 

ここは公式発表はまだないようなので、またわかり次第お伝えします。

 

本日のまとめ

 

映画「未成年だけどコドモじゃない」について取り上げて思いましたが、

 

近年は晩婚化が進んでいてどうにも結婚観も昔と違ってきているように思います。

 

この作品は、まぁ高校生であるうちに結婚してしまうのですから今の世の中とは正しく真逆のパターンですよね。

 

でも今の若い人にはそれくらいの勢いは結婚も必要なのではないかな?とも思ったりします。

 

内容としては漫画も面白いので、先に見ても見なくてもどっちでも楽しめそうだなと思いますが、

 

恐らく原作ファンと主人公達のファンが映画観には押し寄せてくることかとも思いますので、

 

映画をゆっくり楽しみたい方は原作を楽しみつつ、映画も楽しみにいきましょう。

 

公開はクリスマス近いので、恋人等がいらっしゃる方やカップルにはお薦めな作品です。

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

Website is Protected by WordPress Protection from eDarpan.com.