映画ユダヤ人を救った動物園のネタバレや感想は?原作や公開日も!

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

 

今回取り上げる映画は実話を映画化したといわれている「映画ユダヤ人を救った動物園」

 

映画の中でもタイトル通りに感動を誘うノンフィクションの物語。

 

ネタバレや感想、公開日についての情報や、気になる原作もご紹介します。

 


「映画ユダヤ人を救った動物園」の情報
・タイトル:「ユダヤ人を救った動物園~アントニーナが愛した命~」
・上映日:2017年12月15日
・監督:ニキ・カーロ
・撮影:アンドリー・パレーク
・原作:ダイアン・アッカーマン
・制作:ジェフ・アッバリー
ジェイミー・バトリコフ
ダイアン・ミラー・レビン
キム・ザビック
・キャスト:アントニーナ・・・ジェシカ・チャスティン
ヘック   ・・・ダニエル・ブリュール
ヤン    ・・・ヨハン・ヘルデンベルグ

 

スポンサードリンク

 

監督を務めるのは、2003年に公開された「クジラの島の少女」で監督兼脚本を務めた、ニキ・カーロ。

 

日本での公開は初めてとなった「クジラの島の少女」で

 

2002年 トロント国際映画祭 観客賞
2003年 サンダンス映画祭 ワールドシネマ賞
2003年 ロッテルダム映画祭観客賞

 

など、世界中で20を超える賞を受賞しています。

 

 


そして、映画ユダヤ人を救った動物園の主演は、

 

ジェシカ・チャスティン

 


海外テレビドラマ「ER緊急救命室」や2016年に公開された映画「オデッセイ」に出演し、

 

アカデミー賞受賞経験もある実力派女優です。

 

命の輝きについて描いた感動の物語は実話をもとに作られており、癒しや希望など大切なメッセージが込められています。

 

「映画ユダヤ人を救った動物園」のネタバレや感想をご紹介!!

 

物語の舞台は、世界が戦争の渦に巻き込まれ始めた1939年。

 

主人公はポーランド・ワルシャワで暮らすヤンの妻、アントニーナです。

 

 


第二次世界大戦が始まりポーランドはドイツの支配下に置かれてしまいます。

 

夫婦が経営するワルシャワ動物園は存続の危機。

 

「ユダヤ人を救った動物園 ヤンとアントニーナの物語」原作はこちら↓

 

 

その一方で、多くのユダヤ人がユダヤ人強制居住区“ゲットー”へと連行され迫害されていきました。

 

アントニーナは人間にも動物にも深い愛情を注ぐ女性です。

 

彼女は夫のヤンとともに、動物園の地下を

 

「隠れ家にしよう!」

 

と作戦を実行します。

 

隠れ家へと身を隠した人々へ温かい食事を提供し、ドイツ軍の監視から守るために勇敢に戦うのです・・・!!

 

 


この作品は、2017年3月8日にワルシャワで世界初上映され、その後アメリカ、イギリスで上映されています。

 

2017年3月12日には、アメリカ・カリフォルニア州サンノゼのシネクエスト映画祭でも上映されました。

 

映画を観た感想には、

 

「ホロコースト映画ならではの何とも言えない気持ちになった」

「悲しいシーンが多かった」

 

など、戦争映画ならではの辛いシーンにとても落ち込んでしまう方もいる一方で

 

「素晴らしい人物の素晴らしい映画に感動!!」

「実話ならではの重みを感じる内容でした」

「ワルシャワ動物園に行ってみたくなりました」

 

など、実在した人物への称賛を述べる方の声も多く聞けました。

 

今では考えられないような出来事に衝撃を受けてしまうのかもしれません。

 

ワルシャワの地を訪れてみたくなる気持ちはわかるような気がしますね。

 

「ユダヤ人を救った動物園」の原作や公開日も!!

 

原作小説は、「ユダヤ人を救った動物園 ヤンとアントニーナの物語」↓

 

 

原作者は詩人のダイアン・アッカーマンで、今作は2007年に出版されています。

 

映画の制作に取り掛かったのは2010年頃だったということで、長い時間をかけて撮影されていたことがわかります。

 

ノンフィクション映画であること、たくさんの動物が登場することなどで、

 

時間を要したのかもしれませんね。

 

日本公開は2017年12月15日(金)

 

公式ホームページによると、

 

北海道:札幌シアターキノ
東京;TOHOシネマズ スカラ座/みゆき座
大阪:TOHOシネマズ 梅田
福岡:シネプレックス小倉

 

をはじめ、全国で上映を予定しているようでした。ぜひチェックしてみてくださいね!

 

本日のまとめ

 

今回は映画「ユダヤ人を救った動物園」について調査してみました!

 

ユダヤ人を救った人物というと杉原千畝氏が思い浮かびますよね。

 

唐沢寿明さんが主演した「杉原千畝」(2015年)が記憶に新しいですが、

 

今作品の主人公であるアントニーナの勇気ある行動もグッと心を掴まれそうです。

 

公開が楽しみですね!

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

Website is Protected by WordPress Protection from eDarpan.com.