映画リバースエッジのネタバレや結末予想!主題歌にロケ地や公開日も!

この記事は5分で読めます

スポンサードリンク

 

映画「リバースエッジ」をご存知でしょうか?

 

1993年から連載されているこの物語は、二階堂ふみ主演のもと映画の制作が決定しました。

 

さて、気になる映画ですが公開はいつなのか?あらすじについても取り上げていきましょう。

 

 


リバースエッジのwiki情報
・タイトル: リバースエッジ(りばーすえっじ)
・発表号:1993年3号~1994年4号
・出版社:宝島社
・掲載誌:CUTiE
・作者:岡崎京子
・巻数:1巻で完結

 

スポンサードリンク

 

さて、今回とりあげる映画は、「リバースエッジ」です。ここで、ざっくりとあらすじをご紹介します。

 

リバースエッジの原作は1巻で完結していますが、映画ではどのような展開となる事が予想されるのでしょうか?

 

今作品は、主人公若草ハルナの交際相手の同級生がいじめていた「山田一朗」を助けるところからストーリーが展開していきます。

 

この、山田は、河原に放置されていた遺体にある秘密を握っていました。ここから物語は大きく動いていきます。

 

山田の特徴といえば何よりも、、、

 

中性的なかなりのイケメン!

 

女子からも絶大の人気を誇っています。その山田はこちら↓

 


 

漫画で見ると見た目は微妙な感じですがね….どうなんでしょうか。

 

そんなひょんな事から、「山田はゲイだ!」と同級生の男子達からはいじめられてしまいます。

 

主人公の若草は頼りがいのある女子。そのいじめから山田を救出して今回の秘密の共有に至るわけです。

 

その河原の死体が日々腐食していく経過をを観察することが日課となり、危険な秘密の共有が始まったわけです。

 

若草の彼氏観音崎は、山田との距離感について面白みを感じる事ができず、、、嫉妬。

 

周囲の山田へのいじめがヒートアップしてしまいます。相関図はこんなところでしょうか↓

 


 

また、若草にもDVをはたらきだし、秘密を共有したもう一人の若草の友人の古川は、なんと

 

レズである事をカミングアウト 😐 

 

この物語は一体どんな物語になるのでしょうか。。。

 

想像がつかない方も多いと思いますが、

 

段々と状況は複雑化し、そんな中このメンツの中である事件が起きてしまいますが、それが思わぬ展開へ進んでしまうのです。

 

これだけでも、原作を見て映画前に復習をしたほうが良い事が分かりますよね 🙄

 

この複雑なストーリーはもはや想像がつきません。。。こちらからどうぞ↓

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

リバーズ・エッジオリジナル復刻版 [ 岡崎京子 ]
価格:961円(税込、送料無料) (2017/10/22時点)

 

映画リバースエッジの気になるネタバレと結末を予想!

 

さて、ここからは、今回のあらすじからやそれに関する物語の結末にスポットを当てていきましょう。

 

この作品の原作は漫画作品なので、肝心の内容は既に完結しているとお話しましたが、

 

漫画作品はどのような結末を迎えて終わったのでしょうか?気になる方はこちらから↓

 

 

冒頭では、あらすじを紹介しましたが、映画の核心部分に大きく触れていきます。

 

この物語の登場人物は、全員が問題を抱えているキャラクターなんです。

 

主人公のいじめられっ子である山田に好意を寄せる田島という女性が現れます。

 

田島の友人の小山は、体を売る所謂売春をしている女性です。ある日小山が妊娠してしまい、

 

父親は誰なんだ?? 😥

 

となるのですが、あまりに多くの男性関係があるために判明せず。

 

実は、この女性と若草の彼氏である観音崎が体の関係を持っていてセフレの関係にあったのですが、小山は観音崎に好意があったのです。

 

観音崎は詰め寄られると金は出すときっぱり。この件で口論となり、観音崎は小山を殺しかけてしまうのです。

 

結局、殺しを決行するも結果に至らず、帰宅後、今度は姉と口論になりカッタ―で刺され倒れます。

 

姉は命は取り留めるものの、お腹の子は流産し、古川は学校を辞め、若草は田島宅へ放火した事で街を離れることになります。

 

全員の関係は最期は全て壊れてしまうわけですが、山田は街を離れる若草に最期に思いを告げて物語は終わります。

 

実に先が気になる内容ですよね。早いところ映画が見たいものですね。非常に楽しみです!!

 

リバースエッジのキャラクターとキャストに主題歌は?

 

リバースエッジのそんな濃いキャラクターたちは一体誰が演じるのでしょうか。キャストを見ていきましょう!

 

若草ハルナ=二階堂ふみ:

母とふたり暮らしの設定の主人公の若草さん。「“実感”に程遠い、若さと強さを纏った女の子。」自身とは180度違った人間であることをコメントしていました。


 

山田一朗=吉沢亮:

まさに、原作どおりの中性的なイケメンさんっていったら吉沢亮しかいませんよね。これは原作通りでしょう。

 


田島カンナ=森川葵:

最近注目されている森川葵。田島役は山田に好意を持っていますが、最期の若草とのどろどろとなった関係をどのように演じるのか注目です。

 

 


観音崎=上杉柊平:

2015年からの活躍で山田をいじめる役として迫真の演技を魅せてくれそうですね。若草の彼氏役でもあるが、最終的には別れてしまう流れに。

 

 


小山ルミ=土井志央梨:

土井さんの役は小山が妊娠してしまい途中から物語りの軸となるので、リバースエッジの裏の主役級の活躍を見る事ができます。

 

 


古川こずえ=SUMIRE:

浅野忠信の娘さんである事が驚きの彼女がついに出演します。2018年には主演デビューも決まっており、今後が気になる女優さんです。

 

 


 

ということで、キャスト陣もかなり豪華な顔ぶれですよね。

 

最後に主題歌なんですが、現在はまだ情報が公開されていませんでした。

 

公式に発表後に追記させて頂きますね!

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

リバーズ・エッジオリジナル復刻版 [ 岡崎京子 ]
価格:961円(税込、送料無料) (2017/10/22時点)

 

映画「リバースエッジ」気になるロケ地情報と公開日

 

映画ネタバレも分かったところで、ここからは気になるロケ地のエピソードについてもリサーチしてみました。

 

この映画の大きな生活の中心は、学校でのロケとなったようですが、どうやら静岡にある高校だったようです。

 

主たるロケは、東京では東京都下で行われたようです。

 

静岡市の旧静岡県立二俣高校

既に閉校となっているよう高校ですね。

 

 

又、静岡と同様に学校のロケは東京都でも行われていたそうです。それが下記。

 

たちかわ創造舎

東京都の立川市にあります。23区外で、多摩方面の方はご存知の方もいるかもしれません。

 

 


さて、映画公開日は未定なのですが、2018年の2月公開が予定されています。

 

こちらも公開日がわかれば追って更新しますね。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

リバーズ・エッジオリジナル復刻版 [ 岡崎京子 ]
価格:961円(税込、送料無料) (2017/10/22時点)

 

本日のまとめ

 

映画「リバースエッジ」について取り上げて思いましたが、

 

外国の映画ですと「スタンドバイミー」等を想起させるような映画です。

 

青春時代の若者達の複雑な心情と環境を描いていますので思春期の方が見たりすると刺激的なのかもしれません。

 

この作品は、まぁまだ学生さんの設定にしては刺激的過ぎるかなとも思いますが、

 

内容も小説等を読みましたが非常にその物語りの人物達の展開が読み取りづらい事もありますのである程度、

 

情景を理解する事が必要になってきます。

 

映画化したらまた小説や漫画と違った楽しみ方もできると思いますので、映画も楽しみにしていきましょう。



スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

Website is Protected by WordPress Protection from eDarpan.com.