映画ルージュの手紙のあらすじネタバレに!キャスト日本公開日も!

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

 

フランス女優の2トップ!!カトリーヌ×カトリーヌが送る

 

「ルージュの手紙」

 

を調査してみました!

 

あらすじやネタバレ、キャストなどの情報に

 

気になる日本公開日もご紹介します!!

 


「ルージュの手紙」の情報
・タイトル:「ルージュの手紙」
・上映日:2017年12月
・監督:マルタン・プロボ
・脚本:マルタン・プロボ
・制作:オリビエ・デルボス
・製作総指揮:クリスティーヌ・ドゥ・ジュケル
・キャスト:ベアトリス・・・カトリーヌ・ドヌーブ
クレール ・・・カトリーヌ・フロ
ポール  ・・・オリビエ・グルメ
シモン  ・・・カンタン・ドルメール
セシール ・・・ポーリーヌ・エチエンヌ

 

スポンサードリンク

 

監督のマルタン・プロボ氏は

 

ヒューマンドラマ「セラフィーヌの庭」(2008年)

 

で、フランス映画のアカデミー賞である“セザール賞”にて脚本賞を受賞しました。

 

「ヴァイオレット ある作家の肖像」(2013年)

 

でも評論家から高く評価されています。

 

プロボ氏の作品は実在した人物をテーマにした作品が多く、特に女性の内面を丁寧に見せることを得意とします。

 

今作品において、主役の助産師クレールにはモデルがいて自身の出産のときに命を救ってもらった助産師に敬意を表しているそうです。

 

女性に対して、真摯に向きあうことが出来るプロボ氏であるからこそ

 

カトリーヌ・フロ
カトリーヌ・ドヌーブ

 

二人の大女優の共演が果たせたのかもしれません!

 



 

「ルージュの手紙」のあらすじやネタバレを紹介!!

 

さて、ここからは「ルージュの手紙」のあらすじやネタバレ情報をご紹介します。

 

パリ郊外に住む助産師のクレールはシングルマザーとして息子を一人で育て上げ、日々こつこつと地道に生活をしていました。

 

そんな日々を送っていた彼女のもとに、なんと30年ぶりに継母・ベアトリスから電話がかかってきたのです!!

 

「すぐ、あなたに会いたい」 🙂 

 

30年前….ベアトリスが突然姿を消したことでクレールの実父は自殺していて、いまだ許すことは出来ないのでした。

 

酒やギャンブルが大好きなベアトリスはクレールとは全く正反対で、まさに自由奔放な性格。

 

再会したクレールとベアトリスは、次第に互いを受け入れ始めます。

 

30年という長い月日で失われた時間を取り戻していく二人ですが、ベアトリスにはある秘密があったのです。

 

ベアトリスが下した“ある決断”とは一体何なのか!?どんなラストになるのでしょうね!

 

予告を見た感想ですが、見た目から二人が対極の位置にいる人間だとわかります。

 

その二人の掛け合いが笑える!本当の母と娘ではないけれど、やはり縁があるのでしょうね。

 

思わず涙を流してしまいそうなシーンが待っていそうです!

 

おすすめの動画配信サービスHulu(フールー)で期間限定配信、無料期間を利用すればタダで人気の最新海外ドラマや映画が一定期間は見放題↓

「ルージュの手紙」キャストに注目!!

 

真面目な娘、クレール役は

 

カトリーヌ・フロ


「大統領の料理人」(2012年)では、フランソワ・ミッテラン大統領のプライベートシェフであり“フランス官邸史上ただ一人とされる女性料理人”を演じました。もとより、セザール賞女優賞ノミネートの常連として有名だったカトリーヌ・フロですが、今作品でセザール賞主演女優賞を見事受賞!!彼女を栄冠に導いた代表作となりました。

 

カトリーヌ・ドヌーブ


人生を謳歌している母、ベアトリス役。10代のころから女優として数々の映画に出演してきました。「インドシナ」(1992年)で、アメリカ・アカデミー賞主演女優賞にノミネート、セザール賞主演女優賞を受賞、「ヴァンドーム広場」(1998年)ヴェネチア国際映画祭女優をはじめ、数々の賞を受賞しています。ベテラン女優の掛け合いは見ものですよね~

 

日本のベテラン女優、樹木希林さんがコメントをよせていたのですが、

 

カトリーヌ・ドヌーブとなんと同い年!!

 

ちょっとびっくりしました! 😆

 


 

「ルージュの手紙」日本での公開日はいつ!?

 

「ルージュの手紙」の日本での公開日が気になりますよね~!!

 

公式ホームページによると、東京シネスイッチ銀座のみ

 

2017年12月公開!! 🙂 

 

と記載されていました。後は順次公開となっております!

 

公開劇場一覧はこんなところですね。

 

神奈川 シネマ・ジャック&ベティ
愛知 伏見ミリオン座
大阪 シネ・リーブル梅田
兵庫 シネ・リーブル神戸
宮崎 宮崎キネマ館
鹿児島 ガーデンズシネマ

 

前売り券も販売されているようですので、ぜひチェックしてみてくださいね!

 

本日のまとめ

 

今回は「ルージュの手紙」を詳しく調べてみました!!

 

心温まるストーリー展開になりそうですね~

 

冬にピッタリの映画かもしれません!!

 

母と娘、血のつながりがあったとしても必ずしもうまくいくとは限りませんが

 

30年以上も離れて、しかも血のつながらない二人がどのように絆を深めていくのか・・・

 

気持ちが変化していく過程にも注目したいですね。

 

ぜひ劇場へ足を運びたいと思います!!

 



 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

Website is Protected by WordPress Protection from eDarpan.com.