映画ヴァレリアン千の惑星の救世主のあらすじやキャストに公開日も!

この記事は4分で読めます

スポンサードリンク

 

映画「ヴァレリアン千の惑星の救世主」

 

当該作品はフランスの漫画作品を実写化したものなんだそうです。

 

監督は有名な名作であるあの映画「レオン」等で監督したリュック・ベッソン監督です。

 

制作費用もとことん使ったようで何と総工費も200億円超とも言われています。

 

一体どんな映画になるのか気になる最新情報をお伝えします。

 

ヴァレリアン千の惑星の救世主 wiki情報
・タイトル: ヴァレリアン千の惑星の救世主(ゔぁれりあんせんのせんのわくせいのきゅうせいしゅ)
・公開日:2018年3月30日
・監督:リュック・ベッソン
・主演: デイン・デハーン 他
・制作国: フランス
・上映期間:2018年~

 

スポンサードリンク

 

今回とりあげるのは、

 

「ヴァレリアン千の惑星の救世主」についてです。

 

実は2017年に海外では既に公開されていて、

 

フランスや中国・アメリカ・アラブ首長国連邦・ドイツの合同制作によるSFアクション映画です。

 

フランスの漫画も実写化を行っているところを見ると、今世界的な実写化ブームなのでしょう。

 

そもそもが流行りなのかという事はなくて、漫画の物語を実写化できる技術が身についてきている事の現れなのでしょうね。

 

リュック・ベッソンさんは、フランス出身であり世界的に映画監督としても有名です。

 

あのバイオハザードでも人気になったミラさんを配偶者にも持っています。

 

リュック・ベッソン監督が今作品をどのように制作されたのか色々気になるところがあります。

 

リュック・ベッソン過去作品はこちらから↓

 

 

映画ヴァレリアン千の惑星の救世主のあらすじやキャスト!

 

それでは、本作品のあらすじについてです。

 

この物語の舞台は、28世紀であり今よりだいぶ先の未来の話ですね。

 

今が2018年ですが2740年の話なので、

 

遠い未来過ぎて設定が色々気にはなります。

 

全宇宙の平和を守る事を掲げ銀河パトロールを行っている連邦捜査官のヴァレリアン。

 

このヴァレリアンには相棒もいて、

 

ロ―レリ―ヌで任務をすべく千の惑星の都市で知られている千の惑星の都市

 

「アルファ宇宙ステーション」へ向かう事になります。

 

アルファ宇宙ステーションでは、長い年月をかけてあらゆる種族が共存しいましたが、

 

内部では邪悪な陰謀説がありました。

 

この陰謀には実は大きな秘密が隠されていました。

 

果たしてその秘密とは?この続きは映画館で確かめてみてください!

 

ただ、もっとあらすじを知りたい方にオススメなのが、

 

原作バンド・デシネ!!

 

リュック・ベッソンが映画化を切望したフランスの国民的SFバンド・デシネシリーズの邦訳版が遂に登場!!

 

映画『ヴァレリアン千の惑星の救世主』の原作となったエピソード「千の惑星の帝国」「影の大使」の2編に加え、

 

映画公開を記念して行なわれたリュック・ベッソン監督と著者二人による特別対談を収録されているそうです。

 

気になる方は是非こちらからご予約を↓

 

 

さて、ここからは、出演キャストのご紹介です!

 

ヴァレリアン少佐/デイン・デハーン…アメリカの俳優。スパイダーマン2等でも出演をはたします。


ローレリーヌ三曹/カーラ・デルヴィーニュ…イギリスではファッションモデルとしても有名です。


アルン・フィリット司令官/クライヴ・オーウェン…イギリスの俳優でありハリウッドでも大作に出演する等幅広く演技をこなしています。


バブル/リアーナ…バルバドス出身のシンガーとしても活躍しているようです。


ネザ大佐/クリス・ウー…中国の男性歌手で男性アイドルグループEXO元メンバーです。


オクトバー将軍/サム・スプルエル 他


 

こんな蒼々たるメンツが揃った映画はなかなかないですね!!

 

世界的に活躍している歌手が舞台に立ちます!!

 

個人的にはかなり一押しの映画です!

 

ヴァレリアンのフィギア先行販売中!こちらから↓

 

 

映画ヴァレリアン千の惑星の救世主の公開日!

 

さて気になる公開日もチェックしていきましょう。

 

映画『ヴァレリアン千の惑星の救世主』
の公開日は、

 

2018年3月30日全国ロードショーで公開

 

上映方式には2Dでも3Dでも選べるのでどちらで見ても面白いかと思います!

 

キャラクターをリアルにフィギアで再現!こちらから↓

 

 

本日のまとめ

 

映画「ヴァレリアン千の惑星の救世主」について取り上げましたが如何でしたでしょうか、

 

本作品はスターウォーズ等のSFものを好まれる方等には相性が合うかと思います。

 

他にもスタートレックあたりもSFものですよね。

 

過去作品のフィフスエレメントという映画では、

 

監督の世界観を知る意味としては個人的にはオススメです↓

 

 

出演者も色とりどりでメンツを揃えていて、

 

中々面白いキャスティングである事もこの映画の面白みとなっているところですね。

 

2018年の今年初のSF大作の実写版を是非こちらでご覧下さい。

 

是非映画館の劇場では個人的には3Dで見たいなと思っています!

 

映画原作が気になる方は、是非こちらからご予約を↓

 

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Website is Protected by WordPress Protection from eDarpan.com.