映画娼年あらすじや原作ネタバレ!キャストや主題歌にロケ地や公開日!

この記事は4分で読めます

スポンサードリンク

 

衝撃!松坂桃李がまさかの○○!!

 

映画「娼年」について詳しく調査しちゃいました~!

 

あらすじや原作のネタバレ!

 

キャストや主題歌情報もお伝えします。

 

更に、ロケ地や公開日にも迫る!!

 

 

映画「娼年」の情報
・タイトル:映画「娼年」
・上映日:2018年4月6日
・監督:三浦大輔
・原作:石田衣良
・脚本:三浦大輔
・キャスト:森中領・・・松坂桃李
御堂静香・・・真飛聖
咲良・・・冨手麻妙
平戸東・・・猪塚健太
泉川・・・西岡徳馬
老女・・・江波京子

 

スポンサードリンク

 

映画「娼年」の監督は、三浦大輔氏!

 

2016年に公開された「何者」では、

 

平成生まれの直木賞作家・朝井リョウの作品を見事に映画化。

佐藤健
有村架純
二階堂ふみ
菅田将暉
岡田将生
山田孝之

 

と、今を輝く豪華キャストが出演したことでも話題となりました!

 

今回の、映画「娼年」は、2015年に舞台化された際に

 

三浦大輔×松坂桃李

 

のコンビで大反響を呼びました!

 

映画化は難しい・・・

 

とされていましたが、ついに実現!

“女性たちに観て欲しい”

 

という気持ちがこもる作品です!!

 

まずは、映画の前に原作を確認したい方はこちらから↓↓

 

 

映画「娼年」のあらすじについて、原作ネタバレ!

 

主人公は、20歳の大学生の森中領。

 

領は、退屈な毎日ただただ無気力に過ごしていました。

 

ある日、バイト先のホストクラブで

 

会員制ボーイズクラブ「パッション」のオーナーである

 

御堂静香と出会います。

 

そして、静香は領に

 

“娼夫”

 

になるように勧めるのでした!

 

「パッション」で働くため、静香の娘である咲良と、

 

“情熱の試験”を受け、

 

そして、娼夫“リョウ”として、様々な女性と身体を重ねていくのです・・・!

 

女性たちの心の奥にある欲望や、

 

癒えることのない深い傷を、

 

リョウは優しく解いていくのでした。

 

“娼夫”として生きていくことにやりがいを感じ、成長していくリョウ。

 

一方で、静香への思いも強くなっていくのでした・・・!

 

原作は、石田衣良さんの同名小説で

 

2001年直木賞候補にもなった作品です。

 

リョウを“買う”客は、年配の女性が多く、

 

その行為の描写が凄く女性的だったことが印象的でした。

 

映画ではどのような表現をしているのか、気になって仕方ない!

 

小説のラストは、“領”の同級生が登場したことで意外な方向へ展開していくのですが・・・

 

果たして、どのように盛り込まれているのでしょうか!?

 

公開が待ち遠しいですね~

 

まずは、映画の前に原作の小説を確認したい方はこちらから↓↓

 

 

映画「娼年」のキャストに注目!!

 

主人公の“リョウ”こと森中領役は松坂桃李さん!


舞台版から引き続きの配役です!2018年2月1日に公開する「不能犯」では、マインドコントロールを使いこなす殺人犯役を演じ、今回とは全く違う顔を見せていました!

 

そして、ボーイズクラブのオーナー・御堂静香役は真飛聖さん!


宝塚歌劇団花組のトップスターとして活躍し、引退後は映画やドラマで活躍中の女優です。冷静、目力が強い・・・そして、美人!という真飛さんは、リョウの適性を見出す役にピッタリな気がしますね~

 

静香の娘・咲良役を演じるのは冨手麻妙さん!


舞台版「娼年」ではオーディションに参加しながらも落選し悔しい思いをしたようです。今回、映画版で再チャレンジし、念願の咲良役を掴みました!咲良に対する思いは人一倍強いのではないでしょうか?

 

大反響だった舞台版からより一層進化を遂げた映画「娼年」見どころが満載です!

 

 

映画「娼年」の主題歌やロケ地情報を探ってみた!!

 

映画「娼年」の公式サイトをチェックしてみたのですが・・・

 

予告動画が色気ムンムンで赤面必至!

 

しかし、気になっていた主題歌については詳細を得ることは出来ませんでした。

 

残念!

 

主題歌は情報が更新され次第アップデートします!

 

映像は、ホテルの一室と思われる“室内”のシーンが多かったのですが、

 

果たしてどこかのホテルで撮影していたのでしょうか?

 

目撃情報を探っていると、気になるツイートを発見!

 

 

都内を中心とした撮影を行っていたようですね!

 

普通の大学生として過ごしているところなのか・・・

 

はたまた、“娼夫”として客と待ち合わせしているところなのか・・・

 

どのようなシーンなのか気になりますね!

 

 

本日のまとめ

 

本日は、映画「娼年」について詳しく調べてみました~!!

 

松坂桃李さんの色気が格段にアップしている気がしますね~

 

本人曰く

 

「親には観られたくない」

 

という出来だそうです!公開日は

 

2018年4月6日

 

です!R18指定作品となっています。

 

女性必見のストーリー、こうご期待!

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Website is Protected by WordPress Protection from eDarpan.com.