映画妻よ薔薇のように家族はつらいよ3キャストや主題歌あらすじロケ地

この記事は4分で読めます

スポンサードリンク

 

映画「妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ」

 

本作は映画「家族はつらいよ」シリーズの過去2作品で日本アカデミー賞を受賞しており、

 

その待望の最新作として話題となっています。

 

それではこの映画の気になる最新情報をお伝え致します。

 

妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢwiki情報
・タイトル: 妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ
・公開日:2018年5月25日
・監督:山田洋次
・主演:橋爪功
・制作国:日本
・上映期間:2018年5月25日~

 

スポンサードリンク

 

今回とりあげるのは、映画「妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ」についてです。

 

この映画の監督を務めるのは、これまでに映画「男はつらいよ」シリーズでお馴染みの山田洋次さんです。

 

また本作の脚本も山田洋次さんが平松恵美子さんと共同で手掛けています。

 

映画「妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ」のキャストや主題歌は?

 

それでは本作のキャストをみていきましょう。

 

平田周造:橋爪功・・・典型的な昭和の頑固親父。

 

平田富子:吉行和子・・・周造の妻。優しい性格だが、長年夫への不満を抱えている。

 

平田幸之助:西村雅彦・・・周造夫婦の長男。父譲りで頑固で理屈っぽいところがる。

 

平田文枝:夏川結衣・・・幸之助の妻。三世代が暮らす家の家事全般を任されている。

 

金井成子:中嶋朋子・・・周造夫婦の長女。税理士をしており、気が強い性格。

 

丸太吟平:小林稔侍・・・周造の同級生で、浮気調査をしている怪しい探偵。

 

刑事:立川志らく・・・泥棒に入られた平田家に現場検証で訪れる。

 

本作の音楽を担当したのは山田洋次監督シリーズで毎度お馴染みの久石譲さんです。

 

映画「となりのトトロ」などのジブリ作品を始め、

 

数々の映画音楽などを手掛けている作曲家でピアニストです。

 

なお主題歌は決定次第更新します。

 

映画「妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ」の原作やあらすじは?

 

本作の原作なしの完全オリジナルの作品です。

 

また脚本を担当した平松恵美子さんは山田洋次監督の助監督などを経て、

 

映画「ひまわりと子犬の7日間」で監督デビューもしています。

 

映画「母べえ」や「小さいおうち」など多くの作品で山田洋次監督と共同で脚本を担当しており、

 

今回の脚本にも世間から期待が高まっているのではないでしょうか。

 

それでは本作品のあらすじについてです。

 

さて、ここからは実際の映画館で見て頂きたいところですが少し内容を紹介します。

 

ある日、平田家長男の嫁・史枝がウトウト昼寝をしていた間に泥棒が入り、

 

冷蔵庫内に隠してあったへそくりを盗まれてしまいます。

 

しかし、その事実を知った夫・周之助からは、

 

へそくりがあったこと自体を責め立てられる始末。

 

そんな史枝が無事だったことを気遣う言葉すら出てこない周之助の言動に、

 

史枝は日頃から溜っていた不満がついに爆発し、その勢いで家を飛び出してしまいました。

 

その後、平田家は家事をする主婦が不在となったことによって、

 

腰痛の母・富子の代わりに父・周造が家事を担当することになりました。

 

しかし何をやっても上手くいかず、

 

すぐに断念し一家は史枝の存在の大きさを改めて実感しているのでした。

 

しかし史枝は全く帰ってくる様子がなく、

 

そんな平田家の危機を脱するために緊急で家族会議を開催することになったのでした。

 

映画「妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ」のロケ地や公開日も!

 

次に気になるロケ地はですが、広島県大崎上島でロケが行われたようです。

 

 

また長野県佐久市でもロケが行われたようです。

 

 

どちらのロケ地も山や海に囲まれた自然豊かな場所なので、

 

映画の中で山田洋次監督ならではの素朴で親しみある雰囲気が感じられるのではないでしょうか。

 

これまでお伝えしてきた妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ。

 

さて、気になる公開日ですが、

 

2018年5月25日(金)イオンシネマなど全国の映画館で公開!

 

公開までもうすぐなので、ワクワクが止まりませんね!楽しみです。

 

本日のまとめ

 

映画「妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ」について、

 

取り上げましたが如何でしたでしょうか、

 

現在、へそくり封筒付きの前売り鑑賞券も発売中です。

 

詳しくは公式ホームページをチェックしてみてください。

 

http://kazoku-tsuraiyo.jp/

 

さらに本作品は公式ホームページにて既に予告動画や特報動画も解禁になっているので、

 

そちらも要チェックです。

 

 

是非映画館の劇場で本作をお楽しみ下さい。

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Website is Protected by WordPress Protection from eDarpan.com.