映画インサイドあらすじネタバレ!キャストや主題歌に予告動画や公開日

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

 

映画「インサイド」についてご紹介します。

 

「スペイン一家監禁事件」を監督したミゲル・アンヘル・ビバスが今回「屋敷女」のリメイクで監督を務めます。

 

2016年に大ヒットしたミステリー映画「REC レック」シリーズの生みの親、ジャウマ・バラゲロが脚本を担当しました。

 

では、どんな映画なのか公開に先立ち詳しく内容を説明していきます。

 

インサイドwiki情報
・タイトル: インサイド
・公開日:2018年7月13日
・監督:ミゲル・アンヘル・ビバス
・主演:
レイチェル・ニコルズ/サラ
ローラ・ハリング/女
アンドレア・ティバダル/女性警察官
ベン・テンプル/アイザック
スタニー・コペット/警察官
・制作国:スペイン、アメリカ合作
・上映期間:2018年~

 

スポンサードリンク

 

映画「インサイド」で登場する、地下駐車場を舞台にしたスリラー「P2」を演じたレイチェル・ニコルズ、

 

「マルホランドドライブ」に出演したローラ・ハリングが熱演します。

 

主人公の妊婦の女性が、音のない世界で見えない恐怖に襲われ最悪な一夜を過ごします。

 

エクストリームシチュエーションスリラーで、かなりホラーな作品に仕上がっています!

 

 

 

映画「インサイド」のキャストやあらすじをご紹介!

 

それでは作品のあらすじをご紹介します!

 

主人公のサラ(レイチェル・ニコルズ)は出産間近の妊婦です。

 

サラが運転中、車同士の正面衝突で夫は帰らぬ人となりました。

 

更に彼女は無事に生還するが、重症で耳が聞こえなくなるという障害が残ります。

 

気持ちが落ちている中、お腹の赤ちゃんは無事だったのでサラの心の支えとなります。

 

そんなある晩、サラが眠りにつこうとすると人が訪ねてきます。

 

ドアスコープで人は見えなく、声は女性(ローラ・ハリング)で何やら不穏な空気を感じます。

 

「主人は寝ているからドアは開けられない」とサラが伝えると女性は「なぜ嘘をつくの?死んだのよ。」と言い、ドアを開けようとしてきます。

 

サラが強く拒否をすると女性は姿を消しました。

 

サラは不安なため、警察に連絡し事情聴取を受けます。

 

落ち着いたのちに、サラは不安を残しつつも再び眠りにつきます。

 

そして、またあの正体不明の女性が部屋に侵入してきます。

 

眠りについたサラに注射を打ち、何かを始めようとしています。

 

女性が洗面所から戻ってきたところでサラは目覚めます。

 

女性を振り払い、バスルームに逃げ込みます。

 

しかし、補聴器も壊れてしまい更に陣痛も始まってしまいます。

 

絶対絶滅のピンチに追い込まれたサラ。

 

果たして、サラは一体これからどうなるのでしょうか。

 

 

 

映画「インサイド」の主題歌や予告動画に公開日の情報!

 

音楽はVictor Reyesが手がけています。

 

米国では2016年に公開されているこの映画「インサイド」。

 

ですので、公開前にサウンドトラックは事前リリースされているかと調べてみたのですが分かりませんでした。

 

しかしながら、2017年に公開された映画「Cold Link」のサントラを担当しており、

 

サントラ収録のアルバムをリリースしているようですね

 

 

主人公のサラが耳が聞こえない恐怖感を音でも演出しています。

 

 

予告動画では、正体不明の女が襲いかかってきて包丁を振り下ろすショッキングシーンがあり話題になっています。

 

この恐怖感たまらないですね。

 

映画「インサイド」がいよいよ公開されます。

 

2018年7月13日から東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズほか全国でスタート!

 

内容がリメイク作品のため、更にスーパースリラーになっています。

 

映画館で見るのがとても楽しみですね。

 

チケットぴあ

 

本日のまとめ

 

ここまで映画「インサイド」をお伝えしてきました。

 

如何でしたでしょうか。

 

映画の後半にはサラの補聴器が壊れ、耳が聞こえなくなってしまいます。

 

その後、セリフと効果音がなくなり耳鳴りと心音だけで構成されているので見ている方も一緒に恐怖を味わう感覚になるでしょう。

 

まさに体験型リアルサスペンスホラーですね。

 

予告を見るとますます見たくなりますね。

 

是非ご覧頂いて、恐怖を体験してみませんか。

 

チケットぴあ

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Website is Protected by WordPress Protection from eDarpan.com.