映画ルームロンダリングあらすじネタバレ!キャストや主題歌にサントラや公開日!

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

 

今作品は、新たな映像クリエイターの発掘を目的としたTSUTAYAのオリジナル企画コンテスト「TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM2015」で準グランプリ受賞作の映画「ルームロンダリング」です。

 
この作品は、事故物件に住み、部屋を浄化(ロンダリング)させる女性の日常を描いたコメディーで、主演に池田エライザ、脇を固める俳優がオダギリジョーをはじめ豪華俳優が名を連ねています。

 

この映画の気になる最新情報をお伝え致します。

 

映画「ルームロンダリング」wiki情報
・タイトル: ルームロンダリング
・公開日:2018年7月7日
・キャスト:
池田エライザ
オダギリジョー
渋川清彦
健太郎
光宗薫

 

スポンサードリンク

 

今回とりあげるのは、映画「ルームロンダリング」についてです。

 
この作品は、片桐健滋が監督を務めた作品で、いわく付きの物件に住み込み、事故履歴を浄化することを生業とする八雲御子の姿を描いたホラーコメディです。

 
今回のあらすじはどうなるのかをまずは紹介します。

 

映画「ルームロンダリング」のあらすじは?

 

さて、ここからは実際の映画館で見て頂きたいところですが少し内容を紹介します。

 
5歳で父親と死別し、その翌年には母親が失踪してしまった八雲御子は、その後は祖母に引き取られたが、18歳になると祖母も亡くなり天涯孤独になります。
 

度重なる不幸で自分の殻に閉じこもってしまった御子のところへ、母親の弟である雷土悟郎が現れ、住む場所とアルバイトを用意してくれることになります。
 

しかし、そのアルバイトとは、訳アリ物件に自分が住むことによって“物件を浄化する“というルームロンダリングだったのです。
 

ルームロンダリングを始めて以来、幽霊が見えるようになった御子は、幽霊と奇妙な共同生活を送る中、御子は失踪した母親との再会を果たします。
 

見終わった誰もが暖かな気持ちになるステキな物語になっています。

 

映画「ルームロンダリング」のキャストをご紹介!

 
キャストには、

 
主人公の八雲御子を池田エライザが、御子の叔父の雷土悟郎をオダギリジョーが、

 

自殺して幽霊になった春日公比古を渋川清彦が演じています。

 
また、見知らぬ男に殺され、幽霊になったOL千夏本悠希を光宗薫が、

 
悠希の隣人、虹川亜樹人を健太郎が演じています。

 

映画「ルームロンダリング」の音楽が気になる!!

 
劇中音楽を担当するのは、川嶋可能さんです。

 
川嶋可能さんは、上戸彩さんや、キグルミ、土屋アンナさんの曲の作曲や、

 
TV「いないいないばあ」の主題歌 の作曲や、TV「しまじろうのわお!」オープニング曲の作曲などを手がけた作曲家です。

 
なお、映画「ルームロンダリング」オリジナルサウンドトラックも発売されており、23曲が収録されています。

 

映画「ルームロンダリング」 の予告編や公開日も!

 

映画「ルームロンダリング」の予告編では、御子の引越しシーンからスタートします。

 
新居で何があったのか叔父に問うと「他殺…」という衝撃の返答が返ってきます。

 

御子はワケあり物件に住み、その履歴を帳消しにするという秘密のお仕事=ルームロンダリングをすることになります。

 

津軽弁のパンクスやコスプレ好きのOL、「おっぱい揉ませて」と言ってくる小学校の同級生など、

 

キャラが濃すぎるお悩みだらけの幽霊たちと同居する羽目になり、振り回される御子の様子がコミカルに描かれています。

 

 

これまで、色濃くお伝えしてきた映画「ルームロンダリング」。さて、気になる公開日ですが、

 

2018年7月7日から日本公開!!

 
新宿武蔵野館、渋谷HUMAXシネマ、シネ・リーブル池袋ほか全国でロードショーです。
 

本日のまとめ

 

映画「ルームロンダリング」について、取り上げましたが如何でしたでしょうか、

 

本作品の完成披露試写会が2018年6月11日に東京のニッショーホールで行われ、キャストの池田エライザ、オダギリジョー、渋川清彦、健太郎、監督を務めた片桐健滋が登壇しました。

 
また、イベントには「事故物件住みます芸人」として活動する松原タニシも登場。

 

自身が経験した「事故物件に住んでいてよかったこと」をクイズ形式で紹介しました。

 

イベントの最後には、主人公を演じた池田エライザが、「この作品は私にとって母にもらった絵本のような大切な存在。皆さんにとってもこの作品が大切な存在になってくれればと思います」と観客に呼びかけ、イベントを締めくくっていました。
 

是非映画館の劇場でお楽しみ下さい。

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Website is Protected by WordPress Protection from eDarpan.com.