花子とアンNHK朝ドラあらすじ!吉高由里子への批判?梶浦由記?

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

 

2014年4月になりNHK朝ドラも
「花子とアン」が放送開始。
主演は吉高由里子さん。
だけど….気になることが!

花子とアンNHK朝ドラあらすじは?
主演の吉高由里子さんに批判殺到?
梶浦由記さんとは?

調べてみました。

 

90134

 

花子とアンNHK朝ドラあらすじ

 

舞台は大正から昭和にかけて、
太平洋戦争中、50歳になる花子
は、カナダの女性作家モンゴメ
リが描いた小説
「アン・オブ・グリン・ゲイブルズ」
の翻訳に打ち込んでいました。

 

出版のあてもないまま翻訳を続ける
うちに、花子はいつしか主人公の
少女、アンに自分の歩んできた人生
を重ね合わせていきます。

 

images

 

 

10歳で親元を離れた時の心細さ。
障害の友との出会いと幸福な日々。
父に代わり高校から勉学に励み、
ここで出会うのは欧州文化と淡い
初恋。生涯の友との出会い。

 

卒業後に教師として山梨に赴任し、
朱出版社として東京で働き始めて、
結婚した花子は関東大震災や戦争の
乗り越え、翻訳家という夢を実現
させていくのです。

 

unknown

 

 

熱く感動のこみ上げる人間ドラマと、
回想シーンから現実世界へと移り行く
人間シーンもまた見物です。

 

スポンサードリンク

 

主演の吉高由里子への批判とは?

 

週刊誌の「週刊文春」によると、
吉高由里子さんは撮影中に、

 

 今日はムリ!!

 

を連発し、現場ではぴりぴり
ムードが漂っているそうです。

 

山梨県出身のヒロインを演じている
んですが、方言のイントネーション
が上手くこなせずNGを連発しており、
また出演者との協調性も低く、自分
のシーンが終わるとすぐさま控え室
に戻ってしまうそうです。

 

朝ドラは早朝から深夜まで撮影が続く
ことが珍しくないため、夜の11時くら
いに吉高さんが『今日はムリ』と言い
出した際は撮影を次の日に回すんだとか。

 

imgres

 

 

そのせいで、撮影スケジュールが
ギリギリになってしまい、共演者
に迷惑をかけているそうです。

 

この記事が真実なら、よっぽどの
自己中としか思えないんですが、
2CHでもこの記事を間に受けて以下
の批判が殺到しています。

 

ヒロインをやめるべき!

あまちゃんから劣化が続いてる?朝ドラ?

 

この記事が真実なのかどうなのか、
気になるところですが。

 

梶浦由紀さんとは?

 

そんなドラマの音楽担当が
梶浦由記さん。知っていますか?
知らない方のために、ちょっと
wikiをご紹介!
出生          1965年8月6日(48歳)
学歴          津田塾大学文学部英文科卒
活動期間    1993年 –
事務所    スペースクラフト
公式サイト  http://www.fictionjunction.com
20140829034237

梶原由紀さん

 

「魔法少女まどか☆マギカ」
「Fate/Zero」といった人気作を
はじめ、数々のアニメ作品の
サウンドを担当してきました。

 

作詞/作曲/編曲のすべてを
こなすマルチ・コンポーザー。
女性3人組ユニットのKalafinaを
プロデュースしています。

 

「花子とアン」でも素晴らしい
音楽で物語を彩ってくれそうです。

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

Website is Protected by WordPress Protection from eDarpan.com.