最新トレンドやドラマや映画のネタバレ情報を紹介しています!

流行りの神・降臨

映画

ノンフィクション映画バイスのキャストや主題歌に無料動画や公開日も!

投稿日:

 

今回ご紹介する映画は「バイス」です。

 

アメリカ史上最強で最凶の副大統領ディック・チェイニーの裏側を描いた前代未聞、驚きの実話!社会派エンターテインメントストーリーです。

 

それでは早速映画「バイス」の最新情報をお伝えします!

 

映画バイス wiki情報

・作品名:バイス
・公開日:2019年4月5日
・キャスト
ディック・チェイニー/クリスチャン・ベール
リン・チェイニー/エイミー・アダムス
ドナルド・ラムズフェルド/スティーヴ・カレル
ジョージ・W・ブッシュ/サム・ロックウェル
メアリー・チェイニー/アリソン・ピル
スポンサードリンク

 

映画「バイス」はノンフィクション!あらすじが気になる!

 

それでは、映画「バイス」のあらすじについてご紹介します!

 

1960年代半ば、酒癖の悪い青年だったチェイニーは、恋人リンに叱責されたのをきっかけに政界の道へ進むことになります。

 

型破りな下院議員ドナルド・ラムズフェルドの下で権力を得るための術を学んでいきました。

 

2001年から2009年までのジョージ・W・ブッシュ大統領の政権時には副大統領に就任、裏で実権を握っていたのは副大統領チェイニーといっても過言ではないほどの影響力を発揮しました。

 

 

アメリカ同時多発テロ事件後、イラクを攻撃する必要性を説きブッシュ大統領をイラクとの戦争に導いたのも副大統領チェイニーだったのです。

 

イラク戦争に隠された事実が明るみになり批判が殺到、「史上最悪の副大統領」と非難され、次第に転落していきます…。

 

「副」「代理補佐」の他に「悪徳」「邪悪」の意味も持つ「バイス=vice」がタイトルのこの作品、強大な権力と共にアメリカを自在に操ったバイスによって、翻弄されるアメリカと、チェイニー自身の成功と転落を描いた物語です。

 

監督はアダム・マッケイ『マネー・ショート 華麗なる大逆転』でもタッグを組んだブラッド・ピットが制作、この作品で第88回アカデミー賞主要5部門ノミネートと脚色賞を受賞しました。

 

 

コメディ映画を手掛けることが多い監督なので「バイス」も笑い・ジョークの要素が多く観やすいノンフィクション映画になっています。若い世代にもおすすめです☆

 

映画「バイス」のキャストをご紹介!

 

さて、映画「バイス」のキャストをご紹介します。

 

主人公ディック・チェイニーを演じるのはクリスチャン・ベール

 

 

画像を見ても分かる通り、今回の役作りのために体重を約18㎏増量しました。その他にも髪の剃毛、脱色など、演じる役に厳格な俳優です。「バイス」でゴールデングローブ賞 主演男優賞を受賞しました。

 

チェイニーの妻リン・チェイニー役はエイミー・アダムス

 

 

主な出演作品は2013年「アメリカン・ハッスル」、2014年「ビッグ・アイズ」ゴールデングローブ賞 主演女優賞 受賞しています。

 

国防長官ドナルド・ラムズフェルド役はスティーヴ・カレル

 

 

2014年『フォックスキャッチャー』でゴールデングローブ賞主演男優賞、アカデミー賞主演男優賞にノミネート。ミニオンシリーズでの声の出演など様々な映画でメインキャストを演じています。

 

大統領ジョージ・W・ブッシュ役はサム・ロックウェル

 

 

2017年「スリー・ビルボード」でゴールデングローブ賞助演男優賞受賞、第90回アカデミー賞助演男優賞受賞など、多数受賞しています。

 

ディック・チェイニーの次女メアリー・チェイニー役はアリソン・ピル

 

 

2010年「スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団」に出演し一躍有名になり、テレビ映画をはじめブロードウェイの舞台にも出演している実力派女優です。

 

映画「バイス」主題歌や予告動画!

 

では次に「バイス」主題歌(サウンドトラック)について紹介します。

 

 

映画の音楽を担当しているのはニコラス ブリテル、ニューヨーク生まれの作曲家です。

 

 

オリジナル・サウンドトラックはアマゾンミュージックなどで購入できます。

 

 

そして気になる予告動画がこちらです!

 

 

物語がテンポよく進んでいく感じが伝わっています。政治要素が強い映画で難しいのでは…?と勘ぐってしまいそうですが、そんなことはなく実はユーモラスに描かれた作品です。

 

映画「バイス」の前売り券や試写会に公開日も!

 

映画「バイス」前売り券は、ムビチケカード、ムビチケオンライン券です。

 

共に、価格(税込):〈一般〉1,400円、発売期間:~2019/4/4(木)となっています。

 

そして試写会情報もあります!

 

【試写会】『バイス』日本最速!町山智浩のトークショー付き試写会に20組40名様ご招待 « 映画ランドNEWS https://t.co/LiXg4uCADs

— 町山智浩 (@TomoMachi) 2019年2月5日

 

2019年2月18日(月)18:00開場/18:30開映、会場は渋谷のユーロライブ(住所:東京都渋谷区円山町1-5 KINOHAUS 2F)募集人数:80名、上映時間:132分です。

 

様々なWEBサイトで試写会プレゼント、応募を行っています。「バイス試写会」でぜひ検索してみてください。

 

本日のまとめ

 

映画「バイス」について、取り上げましたが如何でしたでしょうか。

 

”アメリカの恥ずべき歴史があばかれる”ということで、全部ホントの気になるこちらの作品、是非映画館でお楽しみ下さい。

-映画

Website is Protected by WordPress Protection from eDarpan.com.

Copyright© 流行りの神・降臨 , 2019 All Rights Reserved.