最新トレンドやドラマや映画のネタバレ情報を紹介しています!

流行りの神・降臨

映画

映画多十郎殉愛記原作キャストやあらすじネタバレ!ロケ地や主題歌に無料動画も!

投稿日:

 

今回ご紹介する映画は「多十郎殉愛記」です。

 

本作は巨匠中島貞夫監督の20年ぶりの最新作になります。59年の映画人生を次世代に受け継ぐために撮られた、日本映画史に残る「ちゃんばら映画」です。

 

それでは早速映画多十郎殉愛記の最新情報をお伝えします!

 

多十郎殉愛記のwiki情報

・作品名:多十郎殉愛記

・公開日:2019年4月12日

・主題歌:中孝介「Missing」

・監督:中島貞夫

・キャスト:

高良健吾/清川多十郎

多部未華子/おとよ

木村了/数馬

寺島進/蔵人

スポンサードリンク

 

今回取り上げる作品は映画「多十郎殉愛記」です。監督は「木枯し紋次郎」などで知られる中島貞夫です。20年ぶりにメガホンを取った時代劇映画になります。

 

まずは、気になるこの作品の原作から紹介します。

 

多十郎殉愛記の原作やあらすじネタバレ!

 

映画「多十郎殉愛記」の原作は特にないようです。

 

巨匠中島貞夫監督が時代劇を失わせる訳には行かないという想いからメガホンを取った作品になります。「殺陣を魅力的にみせる」というのがコンセプトになっています。

 

 

高良健吾が主役の清川多十郎を演じます。殺陣に拘った今作ですが、監督自ら指導することもあったそうです。

 

84歳とは思えない動きで高良健吾には、監督が「スターウォーズ」のヨーダに見えたとか。

 

中島貞夫監督の作品には「木枯し紋次郎」があります。

 

 

不朽の名作ですので、この機会に是非ご覧ください!

 

それでは、映画「多十郎殉愛記」のあらすじを紹介します。

 

親の借金から逃げる様に聴衆を脱藩した清川多十郎は、幕末の京都で居酒屋の用心棒をしていました。

 

殉愛記の精神も失い糧を得るだけの生活を送る中、店を切り盛りするおとよの想いに気付くことができません。

 

新選組の取り締まりが強まりを見せていた頃、多十郎を頼って腹違いの弟。数馬が上京してきます。

 

時を同じくして、京都見廻組は多十郎の存在を知り、新選組より先に手柄を立てようと多十郎の捕縛に乗り出します。

 

其々の思惑が交差する中、尊王攘夷に燃える数馬の軽はずみな行動が多十郎とおとよの運命を狂わせます。

 

行き場を失っていく多十郎とおとよの悲恋は、一体どこに辿り着くのでしょうか?

 

 

映画多十郎殉愛記のキャストをご紹介!

 

映画「多十郎殉愛記」のキャストを紹介していきます。

 

高良健吾が清川多十郎を演じます。

 

 

多部未華子がおとよを演じます。

 

 

木村了が数馬を演じます。

 

 

寺島進が蔵人を演じます。

 

 

中島監督は、時代劇が廃れた理由に俳優陣が年を取ったことを挙げています。若いキャストに拘った今作は、きっと力に溢れていると思われます。

 

 

映画多十郎殉愛記のロケ地や主題歌の情報!

 

映画、多十郎殉愛記のロケ地ですが、東映京都撮影所で行われていたという情報があります。

 

数多くの時代劇を生み出してきた聖地ですね。本作の主題歌は中孝介の「Missing」に決定しました。

 

 

本作の主題歌のリリースは未定ですが、ベストアルバムが発売されています!彼の歌声はきっと物語を彩ることでしょう。

 

 

映画多十郎殉愛記の試写会や前売り特典!

 

映画、多十郎殉愛記、気になってきたのではないでしょうか?

 

多十郎殉愛記は、京都国際映画祭にてクロージング作品として試写会が行われました。大好評だったようで、公開への期待が高まりますね!

 

現在、更なる舞台挨拶の情報はありません。今後の情報を要チェックですね。

 

これまで色濃くお伝えしてきた映画、多十郎殉愛記ですが、前売り券が用意されるとのことです!

 

映画「多十郎殉愛記」では2019年3月1日より1400円にて、前売り鑑賞券が販売されます。

 

ローソンやファミマのロッピーで購入できるようです。事前にゲットして、映画への気持ちを高めましょう!

 

 

映画多十郎殉愛記の予告動画や公開日はいつ?

 

映画、多十郎殉愛記の公式サイトでは、予告動画などの公開はまだありません!

 

 

制作記者会見の動画になります。監督やキャストの熱い思いが伝わってきますね。

 

そんな映画「多十郎殉愛記」。気になる公開日は、2019年4月12日に決定しました!

 

2019年4月12日より、全国でロードショー!公開まで待ちきれませんね。

 

 

本日のまとめ

 

映画「多十郎殉愛記」について紹介してきました。

 

ちゃんばら映画を失わせないため。そして、次世代に引き継いでいくためにと熱い想いで今作は作られています。

 

「殺陣のカッコよさ」にとことんまで拘った映像に、引き付けられること間違いなしです。

 

是非、映画館で時代劇映画の集大成をご覧になって下さい。

-映画

Website is Protected by WordPress Protection from eDarpan.com.

Copyright© 流行りの神・降臨 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.