石井一久伝説!吉本興業での年俸は?全盛期の会見での天才名言集!

この記事は3分で読めます

 

今季限りで現役引退したプロ野球前西武の石井一久さん。

 

石井一久さんはとにかく変わっているっていう人が多いようで、全盛期の会見では、天才的な名言集がつくられるほど。

 

数ある伝説を作った天才の活躍を振り返ります。

 

石井一久さんのwiki情報

生年月日: 1973年 09月 09日
出身地: 千葉県
身長/体重: 185cm / 100kg
血液型: O型
所属チーム: 埼玉西武ライオンズ
マネジメント: よしもとクリエイティブ・エージェンシー

 

スポンサードリンク

 

まずは、石井一久さんのプロフィールをご覧になりましたでしょうか?メジャーリーグでもバリバリの活躍をされていました↓

 

 

経歴:
東京学館浦安高 – ヤクルトスワローズ(1992年~2001年)
ロサンゼルス・ドジャース(2002年~2005年)
ニューヨーク・メッツ(2005年)
東京ヤクルトスワローズ(2006年~2007年)
埼玉西武ライオンズ(2008年~)

 

 

とにかく石井一久は記録づくめの実力をプロ野球界では発揮し、数々の伝説を残しています。

 

  • 100勝:2008年3月29日、対福岡ソフトバンクホークス戦で先発登板で7回2失点 ※史上125人目(日米通算139勝目)
  • 2000奪三振:2011年8月7日、対福岡ソフトバンクホークス戦で4回表に多村仁志から見逃し三振 ※史上20人目(史上最速:NPB記録のみ)
  • 2000投球回数:2011年9月13日、対福岡ソフトバンクホークス戦で2回裏3死目に内川聖一を左飛で達成 ※史上85人目
  • ノーヒットノーラン:1997年9月2日、対横浜ベイスターズ戦 ※史上65人目
  • セ・リーグシーズン最多暴投20個:1998年
  • シーズン奪三振率(規定投球回以上)歴代1位 11.05:1998年
  • 12球団勝利:2010年5月19日、対東京ヤクルトスワローズ戦※史上9人目

とにかくやばいですねー、特に武器は鋭角に胸元をえぐるスライダー。これを武器に三振のヤマを築いていきました。

 

 

石井一久さんの吉本興業での年俸が気になる!

 

吉本興業での年俸は一体どれくらい下がったのか?という声がネットではよくヒットします。

 

吉本興業の広報で契約社員として採用されている石井一久さん。

 

通常の一般求人で吉本興業の採用条件を確認しましたが、以下のようになっていました。

 

 

その中でも給与を抜粋するとこんな感じですね↓

 

3.給与

月給16万円~50万円
※試用期間4ヵ月(給与は変わらず) ※経験・能力等を最大限に考慮します ※社員登用制度有

 

石井さん!未経験なので、経験が考慮されませんけど!!?大丈夫でしょうか!

 

 

こうなると、最低月収近くの20万が月収となり、4ヶ月後に社員になり、賞与が年2回の二ヶ月と考えると、年俸はざっと300万程度となります。

 

1億9,000万円(2013年)であったことから、これに即して採用されたとなると、プロ野球選手の頃の年俸は現在の60倍離れている計算になりますので、それ以外の生計がたっているんだと思います。

 

まあ、納税に一苦労することは間違いないのですが、奥さんの元フジテレビアナウンサーの木佐彩子さんは何も言わなかったのでしょうか。。。

 

木佐彩子さん

 

ともあれ、石井一久さんは先日放送されたフジテレビ系「アウトxデラックス」で「マンネリ化」が引退の理由としてあげています。FA表明した理由は「友達作り」だそうです!さすが名言氏!おもしろすぎる!

 

 

ユニークな石井一久!引退セレモニーでセグウェイに乗る動画付き!

これも伝説ですかね!引退セレモニーでセグウェイで会場一周ww

 

引退セレモニー挨拶

驚きの場内一周

「正直まだできた」、「もったいない」と思っているファンの方もいらっしゃいますが、彼の気ままな生き方を応援してあげるようにしましょう!

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Website is Protected by WordPress Protection from eDarpan.com.