先生好きになってもいいですかのネタバレ・あらすじ!漫画の原作も!

この記事は6分で読めます

 

2017年10月28日(土)公開の映画「先生!、、、好きになってもいいですか?」は広瀬すずと生田斗真の禁断の先生と生徒の禁断の恋愛がテーマ。

 

間違いなくヒットしそうなこの映画の原作が非常に気になるので調べてみました。

 

「先生好きになってもいいですか」のWiki

・上映日:2017年10月17日
・監督:三木孝浩
・脚本:岡田磨里
・原作:河原和音
・出演者:
伊藤晋作・・・生田斗真
島田響 ・・・広瀬すず
川合浩介・・・竜星涼
千草恵 ・・・森川葵
藤岡勇輔・・・健太郎
関矢正人・・・中村倫也
中島幸子・・・比嘉愛未
島田遼子・・・八木亜希子
羽柴晶一・・・森本レオ

 

スポンサードリンク

 

まずは、原作漫画「先生!」を振り返る。

 

漫画の原作のタイトルは、「先生!」のみでサブタイトルなどは特にありません。

 

作者の河原和音さんは、1991年に集英社「別冊マーガレット」でデビューし、その後も数々の作品を執筆してきました。

 

この「先生!」は1996年に同誌で連載を開始し、ヒット作となりました。

 

コミックは11巻で完結していますが、その内容を全て映画で伝えきることが出来るのか…

 

原作漫画の「先生!」全巻セットはこちらから↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

先生!全11巻セット
価格:7353円(税込、送料無料) (2017/9/25時点)

 

原作ファンは公開を心待ちにしているようです。河原和音さんの作品は、他にも

 

2011年「高校デビュー」出演者:溝端淳平、大野いと、菅田将暉
2016年「青空エール」出演:土屋太鳳、竹内涼真

 

が実写映画化されています。今回の出演者も含め、現在活躍している若手俳優の名前がずらりと並んでいますよね。

 

その顔ぶれだけでもわくわくしてきます 😛

 

監督の三木孝浩さんは、「青空エール」に続き河原和音さん原作の映画が2作目となります。

 

 

他にも、「ソラニン」や「ホットロード」など話題となった作品を数々世に送り出している方です!

 

原作のイメージを壊さず映画ならでは魅力を十分に伝えてくれるはず…期待大ですね!

 

原作漫画の無料視聴は
【FODプレミアム】
3分で簡単登録可能!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

映画「先生!、、、好きになってもいいですか?」あらすじやネタバレを調査!

 

さて、ここで気になる映画のあらすじをネタバレ!詳しく見てみましょう!!

 

高校2年生の島田響は、いつも仏頂面でめったに笑顔を見せない伊藤先生に対して苦手意識を抱いていました。

 

隣のクラスの担任で世界史の教師である伊藤晋作は、不器用ながらも生徒に対していつも思いやりを忘れない真面目な教師でした。

 

ある日、二人は言葉を交わすようになるのですが、これがきっかけで響は伊藤先生を意識し始めるのです。

 

 

放課後残って課題をしているのを手伝ってくれたり、夜道で助けてくれたりする伊藤先生 😛

 

ふとした時に見せる笑顔や、普段の姿からは想像できないような優しい一面に気付き始めます。

 

寂し気な瞳や男らしいたくましい手に恋する気持ちを抱いていくのです。

 

初恋も経験がない響にとっては、恋する気持ちがまっすぐに伊藤先生へと向かっていきます。

 

しかし、相手は生徒。なんとなくかわしつづけていたのですが、

 

「迷惑だ」

 

と、言われてしまうのです。中途半端なままじゃ伊藤先生に迷惑がかかってしまうと、

 

きちんと振ってもらうために先生がいる屋上へ向かう響は、

 

いつも以上に明るく振舞うのですがその姿を見た伊藤先生は、突然キスをするのです! 😎 

 

 


初恋の相手と初めてのキス…響は混乱してしまうのですが、知らないうちに事態は大きくなっていったのです。

 

 

引き裂かれる二人、響の前から去ろうとする伊藤先生。

 

二人を支える友人たちや、複雑な気持ちで見守る人たちのいろんな思いがある中で、物語はどういつ結末を迎えるのでしょうか?

 

響の初恋は叶うのでしょうか?

 

公式ホームページにて、予告映像を見てみたのですが…

 

内容的にはとてもシンプルで、どちらかというと一昔前の純愛という印象を受けました。

 

 

原作の連載が始まったのが1996年ということで20年以上も前の話になりますしね。

 

現代風にアレンジしているのか、それとも当時のままでいくのか気になります。

 

最近、少し前の漫画原作を映画化するということがとても多いですが、中にはまるっきり現代版に変更しているものもありましたよね!

 

そのままだと、今の高校生や中学生には伝わらないことが多いからという理由もあるようですが、

 

その頃、高校生だった方は現在仕事や子育ての真っ最中で忘れていたあの頃の気持ちを思い出すことになるのではないでしょうか?

 

 

もどかしささえも、新鮮に感じるのかもしれません。今回の映画は、ヒロインの広瀬すずさんがうまく融合してくれているような気がしますね!

 

別の記事で、本作品で主題歌やロケ地を纏めていますので是非ご覧ください。

 

 

映画の原作無料で読むなら
【FODプレミアム】
3分で簡単登録可能!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

映画「先生!、、、好きになってもいいですか?」の原作漫画を無料で見る方法!

 

映画「先生!、、、好きになってもいいですか?」を見る前に、原作漫画をすべて無料でみたい!

 

そんな方にオススメなのが、

 

フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】

 

FODプレミアムでは、動画だけでなく、書籍も無料で読めるんです!


FODはここがすごい!6つの特徴はこちら↓

 

(1)フジテレビの動画が豊富!しかも独占タイトルが5,000本以上!

フジテレビの現在放送中のタイトルだけでなく、『コード・ブルー』『リッチマン、プアウーマン』『昼顔』などの過去の名作ドラマを中心に5,000本以上の独占タイトルを配信しています!

 

それ以外にもバラエティ、アニメ、 映画など様々なジャンルから、選りすぐりのラインアップ!あの大人気タイトルがいつでもどこでも楽しめます。

 

(2)動画以外にも雑誌やコミックも楽しめる!
FRIDAYやFLASHなど100誌以上の人気雑誌が読み放題で15万冊以上のコミックも楽しむ事が出来ます。

 

(3)毎月「フジテレビの日」(最大1200ポイント)プレゼント実施中!
会員限定で合計で最大1200ポイント(1200円分)プレゼントとプレゼント幅を大盤振る舞い!

 

8のつく8日、18日、28日に400ポイントゲット出来ますので、全会員にプレゼントされる100ポイントも合わせて毎月8日には500ポイントも無料でゲット出来ちゃいます!

 

『君の名は。』や『シン・ゴジラ』などの映画視聴には500ポイント必要ですが、これで毎月8日にはドラマ以外にも映画も無料で見れちゃいます!

 

月末までには更にもう1本見れちゃいます!

 

(4)地上波放送ドラマのオリジナルエンディングも配信中!
実はFODプレミアムにもいくつもあるんです!その中の1つがこちら↓↓↓

クズの本懐

 

(5)無料お試し期間が終わっても、月額888円で全て見放題!
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して新規登録することで、お得な新・見放題コース【FODプレミアム】月額888円(税抜)が
31日間無料キャンペーン中!【FODプレミアム】

 

いつでも無料で解約できるので、安心してご利用いただけます!

 

(6)新番組配信などの更新情報を入手し易い!

《1》プレスリリース一覧

《2》新番組・プレゼントキャンペーンなどの告知
・ツイッター

 

 

原作漫画も無料で楽しめる!
【FODプレミアム】
簡単3分で登録できます!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

上記で説明した無料ポイントを使えばかなりお得です!!

 

毎月1200ポイント獲得できますので、先生!、、、好きになってもいいですか?の原作漫画だけでなく、その他、新作書籍を見ることができます!かなりお得!!

 

こんな感じで書籍を無料で見ることができます↓↓

FODの登録と解約方法はこちらの記事にまとめています!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

1ヶ月間無料お試し可能!
【FODプレミアム】
登録はこちらから

↓↓↓↓↓↓↓↓

本日のまとめ!

 

今回は、映画「先生!、、、好きになってもいいですか?」を調査してみました!

 

懐かしさを感じる世代も甘酸っぱい恋の真っ最中の世代もどちらも楽しめる内容なのではないでしょうか?

 

先生と生徒の禁断の恋を、もっと純粋に繊細に伝えてくれると思います。

 

生田斗真さんと広瀬すずさんの魅力も存分に味わえるはず。

 

FODの登録と解約方法はこちらの記事にまとめています!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

そして、映画やドラマのフル動画に加えて、原作書籍を無料視聴できるFODプレミアムは、まずはお試しからでもやってみること超オススメします!

 

映画の原作無料で見るなら
【FODプレミアム】
簡単3分で登録できます!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Website is Protected by WordPress Protection from eDarpan.com.