最新トレンドやドラマや映画のネタバレ情報を紹介しています!

流行りの神・降臨

映画

映画馬を放つ原作やキャストにネタバレあらすじ!主題歌や公開日も!

投稿日:

 

映画「馬を放つ」は、

 

多くの国の合同作品として2017年に製作されました。

 

今作品は第67回目のベルリン国際映画祭にて、国際アートシネマ連盟賞も見事受賞しました。

 

また第90回アカデミー賞も受賞していますので素敵な作品である事は間違いありません。

 

今回は映画「馬を放つ」のあらすじやネタバレ等の映画情報をお伝え致します。

馬を放つ wiki情報
・タイトル: 馬を放つ(うまをはなつ)
・公開日:2018年3月17日
・監督:アクタン・アリム・クバト
・主演:アクタン・アリム・クバト 他
・制作国:キルギス、日本、ドイツ、フランス、オランダ、合同作品
・上映期間:2018年~

 

スポンサードリンク

 

今回とりあげるのは、

 

映画「馬を放つ」についてです。

 

製作の本国であるキルギスの有名監督アクタン・アリム・クバト監督の最新作品です。

 

現在は予告編が完成しておりますので、

 

その画像の美しさや世界観も見る事ができます。

 

映画「馬を放つ」原作やキャストにネタバレあらすじ

 

まず、本作品のあらすじについてです。

 

この映画の舞台は中央アジアの一つであるキルギスの話。

 

ここの村人からはケンタウロスと呼ばれる男がいました。

 

このケンタウロスは妻と息子の3人でのびのびと平和に生活していた。

 

このキルギスの民は騎馬遊牧民を先祖に持ち太古からから伝わる伝説がありました。

 

その伝説を信じる彼。

 

彼はその伝説の信仰心が失われつつある現実を危惧していました。

 

そんなことが関係して彼は馬を夜になると盗んでいてそれを広野に解き放っていました。

 

そんな日々の中で馬を盗まれた中に強い権力の持ち主がおりこの犯人を捜すべく動きだした訳だが…?

 

ここからはメインキャストのみ少しだけご紹介しましょう。

 

アクタン・アリム・クバト
1957年3月26日 出身:キルギス


出演作品としては以下が有名ですね!

 

「明りを灯す人」2011年公開作品
「旅立ちの汽笛」2002年公開作品
「あの娘と自転車に乗って」1999年公開作品

 

やはり、キルギス出身ということもあり、

 

なかなか詳細情報が見つからなかったというのが正直なところです。

 

さて、ここからは切り替えてネタバレネタを。

 

キルギスの小さな村であり、この村で馬が盗まれる事は事件でありすぐに村中に噂は広まるほど。

 

ただそれだけ普段は平和な町なのです。

 

この馬とは競走馬なので将来高く売れるのです、

 

この馬の馬主はお金持ちであり=村でも有権者である訳です。

 

この馬を盗もうと企てたのが、

 

なんと、この主人公のケンタウルスアクタン・アリム・クバト)であったのです。

 

彼のような心の優しい持ち主が何故このような事をしたのか?

 

そしてこのキルギスの村では疑う事をしないので警察等が存在しないようです。

 

実際の村もそうなのだそうですが。

 

ここで犯人を捕まえた馬主はケンタウルスから事情を聴取しました。

 

そして、話を聞き馬を盗んだ理由からケンタウルスに反省してもらうために、

 

イスラム教の聖地巡礼へ向かわせる事としました。

 

ケンタウルスが馬を盗んだ理由は、

 

実に優しい理由であったからです。

 

馬と人間はパートナーのような関係であったのに、

 

現在は、その馬を売りに出したり、競走馬に育てたり人間は神にでもなった気分というか、

 

その関係性に嫌気がさしたというところです。

 

ケンタウルスは自然に馬を返したい気持ちでいただけだったのです。

 

だからそれに対する刑を聖地巡礼としたのでしょうね。

 

果たしてケンタウルスは聖地巡礼の先に何を見るのでしょうか?

 

続きは映画観でお楽しみ下さい。

 

映画「馬を放つ」主題歌や公開日も

 

映画「馬を放つ」において気になる主題歌についてです。

 

馬を放つについて今作品の主題歌は、未だ現在情報がありません。

 

ツイッターが公式でありますので今後そこで追加情報として宣伝される可能性も高いです。

 

ですので以下にツイッターのIDを掲載しますので今後こちらを随時確認下さい。

 

Twitter:@Uma_hanatsu

 

<公開日他詳細情報>
・題名:馬を放つ
・劇場公開日 2018年3月17日
・監督 アクタン・アリム・クバト
・脚本 アクタン・アリム・クバト
・製作国 キルギス・フランス・ドイツ・オランダ・日本合作
・上映時間 89分
・配給 ビターズ・エンド
・原題 Centaur

 

本日のまとめ

 

映画「馬を放つ」について取り上げて思いましたが、

 

今作品の内容を見ていてまず最初にキルギスってどこ?という疑問が強く残りましたので調べてみました。

 

そうしますと隣国は中国やカザフスタン・ウズべキンスタン等が近くにありますね。

 

この映画で初めて知りましたが、

 

まぁとにかくここがこの物語の発祥地ということです。

 

物語の内容に少し触れると、

 

まず警察のような組織が存在しない村というのがまず文化の違いを感じざるをなかったです。

 

なのでこのキルギスという村についての前提知識を少しお話ししましたが、

 

知れば知るほど日本より良い国なのかもしれないと思ってしまいました。

 

気になる方は是非調べて見て下さい。

 

映画の公開まであと僅かですが純粋な人間の心に洗われます。

 

映画は現代社会の問題とも深く結びついていて深い内容になっています。

 

公開は2018年3月17日です。

 

劇場で是非お楽しみ下さい。

 

-映画

Website is Protected by WordPress Protection from eDarpan.com.

Copyright© 流行りの神・降臨 , 2019 All Rights Reserved.