映画ミスミソウあらすじネタバレ!キャストやロケ地に主題歌や公開日!

この記事は4分で読めます

 

映画「ミスミソウ」

 

「ミスミソウ」は元々の原作は漫画であり作者の押切蓮介さんによる作品です。

 

ホラーサスペンス作品なので恐怖と絶望感も見事に映画で演出されています。

 

一体どんな映画になるのか気になる最新情報をお伝えします。

 

ミスミソウ wiki情報
・タイトル: ミスミソウ(みすみそう)
・公開日:2018年4月7日
・監督:内藤瑛亮
・主演: 山田杏奈 他
・制作国: 日本
・上映期間:2018年~

 

スポンサードリンク

 

今回とりあげるのは、「ミスミソウ」についてです。

 

作品は2007年から2009年までに作られた漫画作品です。

 

サスペンスホラーとしてぶんか社出版の「ホラーM」にも掲載されていました。

 

2010年からこちらの「ホラーM」はデジタルウェブコミックとして配信されていますので気になる方は確認下さい。

 

内容は人の心の闇が引き起こす惨劇であり、

 

主人公の少女は同級生達からイジメを受けていたがあくる日に家族を殺害されてしまうのです。

 

これをキッカケにして、恐るべき復讐劇が始まるまさしくサスペンスホラー作品の内容としては身も凍るような物語です。

 

キャッチコピーは精神破壊ホラーなのでサイコホラーに近い内容なのかなと感じています。

 

ホラーはホラーでも幽霊などではなく実際に存在する人間の話なのでより恐く感じます。

 

ミスミソウの全巻セットを速攻で観たい方はこちらから↓

 

 

映画ミスミソウあらすじやネタバレ!

 

それでは、本作品のあらすじについてです。

 

父親の仕事の都合で転勤となった野咲春花は、

 

中学校のクラスでイジメのターゲットにされていました。

 

家族にはこの話は一切せずに普通に暮らしていました。

 

そうして、中学校卒業まで残り2ヶ月間となったのですが、

 

そのイジメは益々壮絶なものへとなっていきました。

 

それを悟った家族はついに春花を学校に行かなくていいと悟させます。

 

しかし、そのイジメを行っていたグループは、

 

家にまで乗り込み両親や妹にまで手にかける事になり最終的には家を放火します。

 

妹は大やけどの怪我を負い両親は亡くなってしまいます。

 

この事実から、今度は春花に事件が表にならないよう自殺を強要し始めるのです。

 

しかし、これで家族の死の真相を知った春花は、

 

その事の顛末をその時に知り恐ろしい復讐を行う事を誓うのでした。

 

さてここからはネタバレになります。

 

春花は、そもそも東京で育ったのですが、

 

この転勤が理由で、大津馬中学校に通うようになった時によそ者扱いされたことでイジメが始まるのです。

 

春花は元々は凄く優しい心を持った少女なんです。

 

しかし、この両親を失った件で春花の精神は壊れてしまい、

 

このイジメっ子達を全員惨殺する事を決め一人一人殺していくのです。

 

このイジメっ子の中に一人だけ相場暁だけは春花の味方であった。

 

この暁のお陰で一時期は平和に時を過ごしていた春花。

 

しかし、結局はこのような惨劇が起きてしまい復讐の鬼と化します。

 

最期の闘いは、全ての原因となった流美が妹を人質にとろうとして失敗し、

 

一度はその場を去りますが祖父を今度は襲われた事を知ります。

 

最期は流美も殺すが実は本当に恐ろしいのは暁であり、

 

暁はあの放火の現場にもいた事が発覚します。

 

暁は、DV家庭で育ったのですが用は春花に依存してもらいたかったが故に、

 

実は事件の裏で蠢いていたのです。

 

最期のシーンでは流美と暁も殺しますが、

 

春花は流美に致命傷を負わされ妹も最期は放火のやけどにより死に絶えてしまい全滅で幕を閉じるわけです。

 

マジでゾッとする展開………..

 

ミスミソウ上下巻セットはこちらから↓

 

 

映画ミスミソウのキャストやロケ地に主題歌や公開日!

 

さて、ここからはキャストをご紹介します!

 

野咲春花/山田杏奈…10歳の時から芸能界にてデビューしていて少女漫画のちゃお主催のちゃおガールズグランプリでグランプリとなった美少女ですがこの映画では復讐の鬼を演じます。


相場暁/清水尋也…相手役として今回は大役を果たした清水の兄は清水尚弥で兄弟で俳優業。


その他キャスト

大塚れな・中田青渚・紺野彩夏・櫻愛里紗・遠藤健慎・大友一生・遠藤真人 他

 

映画、ミスミソウの主題歌を歌うのは

 

シンガーソングライターのタテタカコさん。

 

曲名は「道程」で決定しました!

 

今回の主題歌は、既にリリースされていた曲のカップリングからノミネートされ、

 

2007年にリリースされた「ワスレナグサ」のカップリングだそうです。

 

映画エンディング曲の入手はこちらから↓

 

 

気になるロケ地についてなんですが、

 

今の時点でお調べしたところ明らかになりませんでした。

 

ただ撮影は真っ白の雪の中での撮影を駆使したようなので、

 

もしかしたら北海道や長野?等色々情報が錯綜していますので明らかになった際にお伝え致します。

 

映画公開日は、

 

2018年4月7日全国ロードショー

 

で全国公開予定です。

 

なお、惨殺シーンも多いため、本映画はR−15指定になります。

 

ミスミソウの原作番がはこちらから↓

 

 

本日のまとめ

 

映画「ミスミソウ」について取り上げましたが如何でしたでしょうか、

 

本作品は漫画ならよいのですが現実に実写化をする事はかなり厳しいものがあるかと思いました。

 

シーンの残虐さゆえにR15指定は必須でしょう。

 

ただキャストはまだ若手で色とりどりなメンツを揃えているので、

 

どのようにこの配役を演じてくれるか楽しみです。

 

2018年絶対に話題になる作品である事は間違いありませんが最期の後味の悪さを是非感じて下さい。

 

ミスミソウの完全版セットはこちらから↓

 

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Website is Protected by WordPress Protection from eDarpan.com.