タクシー運転手-約束は海を越えて-あらすじやネタバレにキャストも!

この記事は3分で読めます

 

映画の発祥地は韓国で、

 

この映画は韓国では1200万人動員の大ヒット作品となりました。

 

監督は義兄弟や高地闘でもお馴染みのチャン・フン監督。

 

そして主演はソン・ガンホが織り成します。

 

一体どんな映画になるのか気になるその最新情報をお伝えします。

 

タクシー運転手-約束は海を越えて- wiki情報
・タイトル: タクシー運転手-約束は海を越えて-(たくしーうんてんしゅ-やくそくはうみをこえて-)
・公開日:2018年4月21日
・監督:チャン・フン
・主演: ソン・ガンホ 他
・制作国: 韓国
・上映期間:2018年~

 

スポンサードリンク

 

今回とりあげるのは、

 

「タクシー運転手-約束は海を越えて- 」についてです。

 

作品は1980年代に起きた出来事の実話をもとに映画化させた作品です。

 

映画化されたのは昨年の2017年のことです。

 

監督はチャン・フン。

 

ダブル主演のソンガンホとトーマス・クレッチマンが演じる「タクシー運転手-約束は海を越えて- 」

 

公開から第90回アカデミーを獲得して、

 

外国語映画賞で韓国部門の代表作品です。

 

この映画の圧巻は政府とのカ―チェイスをソウルの首都で行うシーンです。

 

最新の画像技術を駆使した映画になっていますので、

 

韓国でも光州事件は有名で映画化できた事が素晴らしく思います。

 

それではあらすじやネタバレやキャストの詳細情報は次章以降でご紹介致します。

 

韓流映画1ヶ月間無料で見放題はこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓

映画タクシー運転手-約束は海を越えて-あらすじやネタバレ!

 

本作品のあらすじについてです。

 

この映画の内容の大元となっているのが、

 

1980年の5月に起きた出来事で、

 

韓国の光州市で起きた光州事件についてです。

 

主な内容としてはクーデターによって、

 

金大中の逮捕を始まりに、

 

市民達のデモが活発化し、

 

戒厳軍との戦いへとなり、

 

多くの市民に広まっていった事が始まりです。

 

ソウルのタクシー運転手として登場するキム・マンソプ。

 

キムはこの仕事で大きな運賃が得られることを期待して仕事を始め、

 

ドイツ人記者であるピーターを乗客に向かえて光州に。

 

その途中に軍の激しい暴力・虐待の事実を目の当たりにし、

 

これを全世界に拡散すべく行動し始めました。

 

こうして行動しているうちに影響を受けたキム。

 

ピーターの指名を理解し、キムは協力するようになります。

 

ネタバレになりますが、この映画の見どころは、

 

クライマックスのシーンにおいて、

 

ピーターが納めた証拠画像を奪おうと政府軍から逃走をはかるも、

 

カメラの押収を防ぐ為、キムはピ―ターと共に激しいカーチェイスを繰り広げます。

 

その結果、政府軍からの逃走を成功させる事が成功し、ソウルへと戻る事ができます。

 

そして事実を世間に公表するのでした。

 

映画の展開が非常に楽しみですね!

 

韓流ドラマも1ヶ月間無料で見放題はこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

映画タクシー運転手-約束は海を越えて- 公開日やキャストも!

 

さて、この映画キャストを4人ほどご紹介します。

 

主演ソン・ガンホ/キム・マンソプ
韓国代表の実力派俳優で王の運命や約束は海を越えて等が主な主演作品。

 


トーマス・クレッチマンユルゲン/ヒンツペーター(ピーター)
ドイツ出身の俳優でコードネーム:ストラットン等に出演


ファン・ステル/ユ・へジン…コンフィデンシャル 共助や極秘捜査などの韓国映画に出演しているベテラン俳優。


ク・ジェシク/リュ・ジョンヨル…今年公開のザ・キングや奴隷の島、消えた人々へ出演


気になる映画の公開日ですが、

 

2018年4月21日

 

です!お楽しみに!

 

 

本日のまとめ

 

映画「タクシー運転手-約束は海を越えて-」について取り上げましたが如何でしたでしょうか、

 

本作品は韓国では空前のヒット作品であり公開初日には698090枚ものチケットが

 

とぶように売れたそうです。

 

韓国ではその他にも、

 

US$4,500,000の興行収入をたたき出したり、

 

韓国全域の映画館で1000以上の映画館で公開されたり。

 

とてつもない影響力ですね。

 

この俳優さんも元々売れっ子なので、

 

これまでに1000観客動員数1000万人を越える作品は3つ目なのだとか。

 

しかしやはり内容も歴史的な部分も深く、

 

一部区域では公開していなかったり内容を非公開にしていたり、

 

歴史的な闇が深いなと感じました。

 

2018年は話題になる作品である事は間違いありませんので、

 

是非この映画を通してアジアの歴史に触れるのは如何でしょうか。

 

韓流映画1ヶ月間無料で見放題はこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Website is Protected by WordPress Protection from eDarpan.com.