YOU達HAPPY映画版ひまわりの原作やあらすじネタバレ!キャストや主題歌にロケ地や試写会予告に公開日も!

この記事は5分で読めます

スポンサードリンク

 

今作品は、TUBEの前田亘輝が発起人となり、地方創生をテーマに栃木県那須烏山市で仕掛けたセミドキュメンタリー映画「YOU達HAPPY映画版 ひまわり」です。

 

全国をまわるライブツアーの中で地方の過疎化問題を肌で感じた前田が、「未来日記」を手がけた杉本達監督とタッグを組み、地方創生をテーマに作品を企画しています。

 

この映画の気になる最新情報をお伝え致します!

 

YOU達HAPPY映画版ひまわりのwiki情報

・タイトル:YOU達HAPPY映画版ひまわり
・主題歌:灯台 TUBE
・公開日:2018年9月1日
・キャスト:
大東駿介
佐久本宝
佐藤佑香
青木由比
阪本一樹
前田亘輝
倉野尾成美
西岡徳馬

 

スポンサードリンク

 

今回とりあげるのは、映画「YOU達HAPPY映画版 ひまわり」についてです。

 

この作品は、那須烏山市を舞台に、ドキュメントと物語を融合させて、地域の人々や風景をリアルに描いたセミドキュメンタリー作品です。

 

本映画のあらすじやネタバレ情報をお届けしたいと思います!

 

 

YOU達HAPPY映画版ひまわりのあらすじやネタバレ情報をご紹介!

 

それでは本作品のあらすじについてです。さて、ここからは実際の映画館で見て頂きたいところですが少し内容を紹介します!

 

那須烏山に住む女子高生の佑香と由比は、町を盛り上げるために開設されることになったコミュニティFMの立ち上げに参加します。

 

そんな中、ふたりはFM運営のため東京からやって来た夏生と龍二と共に、番組のネタになるような地元の題材探しに奔走します!

 

番組のネタを探す2人は、ある時、地元の「山あげ祭り」が深刻な担い手不足に悩んでいることを知るのです。

 

 

ここから少しネタバレ情報になるのですが、悩みの原因というのが、

 

古くからの伝統や風習によって町が一つになれないこと

 

が一番の要因だったことを二人が知るのでした!

 

その問題を解決するため奔走する二人の仕掛けた町おこし大作戦が、徐々に人々を巻き込み大きくなっていきます。

 

果たして、担い手不足は解消できるのでしょうか!?映画の展開が気になりますね。

 

 

YOU達HAPPY映画版ひまわりのキャストをご紹介!

 

さて、ここまでYOU達HAPPY映画版ひまわりのあらすじをお届けしましたが、気になる出演キャストをご紹介したいと思います!

 

まずは、FM運営を手助けする夏生役に「曇天に笑う」の大東駿介!

 

 

花村龍二役に「怒り」の佐久本宝!

 

 

阪本一樹さんは実名での出演をされています。

 

重鎮役に西岡德馬さん

 

AKB48/チーム8の倉野尾成美も撮影に参加しています。

 

また、物語の中心となる2人の女子高生(佐藤 佑香、青木 由比)の両名は、那須烏山で行ったオーディションにより地元の高校生を抜てきしています。

 


 

YOU達HAPPY映画版ひまわりの主題歌や原作は?

 

本作は、人気バンド「TUBE」の前田亘輝が長年パーソナリティを務めるラジオ番組 FM NACK5「YOU 達HAPPY」から生まれた長編映画です。

 

過疎化を食い止めようと町の未来のために奔走するふたりの地元女子高生が、実際に夏休みを通して取り組んだ活動を、俳優が演じる物語と融合させて映し出しています。

 

主題歌を務めるのは、この映画の発起人でもある前田亘輝の所属する人気バンド「TUBE」で、主題歌は、灯台です。

 

TUBEの主題歌「灯台」はこちらから↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

灯台 [ TUBE ]
価格:1242円(税込、送料無料) (2018/8/4時点)

 

 

 

作詞は、前田亘輝,作曲は、春畑道哉です!夏といえばTUBEだけあって、やはりいい曲ですよね!

 

 

YOU達HAPPY映画版ひまわりのロケ地や予告編!

 

TUBEの前田亘輝さんが発起人となった映画『YOU達HAPPY映画版ひまわり』のロケ地は、栃木県那須烏山市で撮影されました。

 

撮影期間は、2017年7月中旬から2017年8月下旬まで行われたようです。

 

前田亘輝さんさんがツアーで全国を回っている時に地方の過疎化の問題がいつも気になっていて、町おこしの意味合いもあって今回の映画が誕生したようです。全編にわたり那須烏山市で撮影されています。

 

そんな、『YOU達HAPPY映画版ひまわり』のロケ地として、栃木県立烏山高校があります。ポスタービジュアルにもなっている高校は、那須烏山市中央にある烏山高校でした。

 

 

『YOU達HAPPY映画版ひまわり』で主演を務めるのは大東駿介さんの他、那須烏山市の地元女子高生2人で、この2人が通う高校が烏山高校として撮影で使用されたようです。

 

また、山あげ祭のシーンを山あげ会館前で市民らもエキストラで多数参加して行われたようです。野上の那珂川河川敷で行われたクライマックスシーンの「ランタン上げ」の撮影には、約400人が集まったそうです。

 

また、映画「YOU達HAPPY映画版ひまわり」の予告編が公開されました。

 

予告編では、那須烏山で行ったオーディションにより抜てきされた地元の高校生の語りから始まります。

 

少女が町の人たちを動かして、小さな町に奇跡を起こそうとする姿や、俳優陣が出演するシーンが主題歌の「灯台」にのせて、映し出されています。

 

 

そして、 那珂川河川敷で行われたクライマックスシーンの「ランタン上げ」のシーンも映し出されています!

 

一夏の思い出にもなる作品のように思えますね!

 

 

YOU達HAPPY映画版ひまわりの試写会や公開日はいつ?

 

これまで、色濃くお伝えしてきた映画「YOU達HAPPY映画版ひまわり」完成披露試写会が、2018年6月26日に衆議院議員会館第一多目的ホールで行われ、出演者のひとりとして、AKB48チーム8 熊本県代表・倉野尾成美が舞台挨拶に参加しました。

 

ちなみに倉野尾成美は本人役で出演しています。舞台挨拶では、今回の映画のテーマである「地方創生」、「町おこし」になぞらえて、チーム8の成り立ちや活動について語った倉野尾成美。

 

「自分たちもAKB48の1チームとして、各都道府県の代表として、地元に貢献したいし、地元をアピールしていきたい」とコメントしました。さて、気になる公開日ですが、2018年9月1日よりヒューマントラストシネマ渋谷ほかで順次一般公開されます。

 

そしてなんと、2018年8月4日より宇都宮ヒカリ座にて先行公開されます。

 

 

本日のまとめ!

 

映画「YOU達HAPPY映画版ひまわり」について、取り上げましたが如何でしたでしょうか。

 

本作は、前田亘輝が全国のライブで感じた地方の過疎化問題から地方創生をテーマに、映画版「未来日記」で話題を呼んだ杉本達監督とタッグを組み、那須烏山市で仕掛けた“町おこし”映画となっています。

 

そして新たな手法としてドキュメントと芝居を物語に融合させ、地域の人々や景色を鮮度よく、そしてリアルに描いた作品となっています。

 

是非映画館の劇場でお楽しみ下さい。

 

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Website is Protected by WordPress Protection from eDarpan.com.