映画食べる女原作小説のあらすじやネタバレ相関図!ロケ地に予告動画や公開日に舞台挨拶!

この記事は7分で読めます

 

今作品は、筒井ともみ作の小説を映画化した映画「食べる女」です。

 

小泉今日子主演の女性のための女性に送る、男性も楽しんで観れる映画となっています。

 

ここで映画の気になる最新情報をお伝えします!

 

映画「食べる女」wiki情報

・タイトル:食べる女
・公開日:2018年9月21日
・主題歌:leola 「kissing」
・キャスト:
餅月敦子/小泉今日子
小麦田圭子/沢尻エリカ
白子多実子/前田敦子
本津あかり/広瀬アリス
茄子田珠美/山田優
米坂ツヤコ/壇蜜
豆乃・リサ・マチルダ/シャーロット・ケイト・フォックス
鴨舌美冬/鈴木京香
タナベ/ユースケ・サンタマリア
豆乃修治/池内博之
白石/勝地涼
平友太/小池徹
シノザキ/間宮翔太郎
淳/槇木蔵人

 

スポンサードリンク

 

今回とりあげる作品は、映画「食べる女」です。「食」と「性」をテーマに女性たちのリアルな人生の物語を描いています。

 

まずは、この作品の原作からあらすじネタバレ情報もお届けします!

 

映画「食べる女」原作小説が気になる!

 

本作は、小説が原作になっていてます!

 

原作小説「食べる女」はこちらから↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

食べる女 決定版 (新潮文庫) [ 筒井ともみ ]
価格:680円(税込、送料無料) (2018/8/23時点)

 

 

原作小説「続・食べる女」はこちらから↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

続・食べる女 / 筒井ともみ 【本】
価格:1512円(税込、送料別) (2018/8/23時点)

 

 

筒井ともみが自ら企画と脚本、プロデューサーを兼任しています!

 

筒井ともみは映画「阿修羅のごとく」などの脚本家や映画プロデューサーとしても手がけたこともあり、今回も自ら脚本を手がけ話題入りしました。

 

 

映画「食べる女」あらすじネタバレ情報!

 

それでは、映画「食べる女」のあらすじについてご紹介します!

 

東京のとある古びた日本家屋の一軒家、通称「モチの家」があります。

 

その主は雑文筆家で古書店を営む餅月敦子・通称トン子(小泉今日子)は、おいしい料理を作り迷える女性を迎え入れます。

 


トン子は、原稿は落としても三度の飯は逃さない食いしん坊。

 

彼女の家で月に一度だけ、ごはんや道草の女将でトン子の親友の美冬(鈴木京香)とおいしい料理をふるまってます。

 

 

本日も、人生に貪欲で食欲旺盛な女性らの心と体を満たす、おいしくて、楽しい宴が始まります!

 

今夜も迷える女性がトン子のもとにやって来ましたよ。トン子の家の目印は大きなモチノキです。

 

お客様は、トン子の担当編集者の小麦田圭子・通称ドド(沢尻エリカ)と番組制作会社のAPの多実子(前田敦子)です。ドドは最近自分の城というマンションを思い切って購入したばかりです。

 

多実子は恋人からプロポーズを受け、不倫専門の恋愛経験ばかりのせいかどこかヒリヒリするものがないと不満のようです。その後多実子は、馴染みがいる行きつけのBARロマノに行くのでした。

 

 

そこの女主人珠美(山田優)は、出産予定が近い妊婦で子供が四人目になります。夫はというと、紙の上で離婚している元夫の淳です。

 

BAR常連の白石(勝地涼)は小学校の先生で実はゲイで、イケメンバーテンダーのシノザキ(間宮翔太郎)が狙いです。

 

そして毎回酔いつぶれるまでロマノに入り浸るあかり(広瀬アリス)は、SEXをした後、男にひき肉料理をふるまうのが好きでした。

 

欲張っていい、自分に素直で良い。おいしい女になり「私」を味わい尽くそう。

 

この映画でおいしい女になるヒントあります。さあ、今宵もまた楽しい宴の始まりです。

 

 

映画「食べる女」のキャストや相関図をご紹介!

 

さて、映画「食べる女」のキャストをご紹介します。まずはこの映画の相関図をご紹介します!

 


一つ言えることは、この豪華なキャストが凄すぎますよね!80年代アイドルだった「キョンキョン」の愛称で有名な女優の小泉今日子が、主人公の古書店の女主人餅月敦子役に抜擢されました。

 

 

書籍編集者の小麦田圭子役は、沢尻エリカが演じます。

 

 

製作会社に勤めている白子多実子役を前田敦子が。

 


古着屋店員の本津あかり役は広瀬アリスです。

 


BARロマの手伝いをしている茄子田珠美役は山田優が演じます。

 

 

二児の母の米坂ツヤコ役に壇蜜。

 

 

料理が苦手な豆乃・リサ・マチルダ役はあのNHKのドラマ「マッサン」エリー役出演でお馴染みのシャーロット・ケイト・フォックス。

 

 

ごはんや道草の女将、鴨舌美冬役に鈴木京香です。

 

 

食と恋愛を楽しみ生きる姿を豪華女優たちと他にも有名俳優らが華やかに演じきります。

 

勝地涼と前田敦子がこの映画の共演のキッカケにゴールインしたことが大変話題入りしましたね!

 

ますますどんな映画か内容が気になってきます。

 

 

映画「食べる女」の主題歌やサントラが気になる!

 

さて、映画の主題歌の音楽を手掛けるのはleolaです。

 

 

とても声量があり、綺麗な歌い手さんです。主題歌を担当している leolaは8月1日に自身初となるミニアルバム「LOVE,LIFE &LAUGHTER」をリリースしています。

 

leola「LOVE,LIFE &LAUGHTER」はこちら↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Leola / LOVE, LIFE & LAUGHTER(通常盤) [CD]
価格:1800円(税込、送料別) (2018/8/23時点)

 

 

新曲「kissing」を9月21日(金)に配信リリース予定です。ジャケットなど詳しくはまだ公開されていないようですね。

 

映画公開と同時に公表するようです。leolaは映画「食べる女」への参加にあたり、以下のようにコメントをしております。

 

「美味しい料理の隠しスパイスになれるような歌を最後に添えられたらと思っています! 」
「この作品の主役は女性たち。」
「様々な形で関わり合いながら、それぞれの道を確かめていくその中に、純粋に私もひとりの女性として加わりたいと思いました。」
「この度、主題歌を担当させていただくことになり、大変光栄に思っています。」

 

ツイッターでも嬉しさをつぶやきされています。

 

 

配信が待ち遠しいです!

 

映画「食べる女」 予告動画や公開日とロケ地の情報!

 

映画「食べる女」 の予告動画では、本編の映像とあわせて本作の主題歌『kissing』が透き通るような綺麗な歌声とリズムは映画に登場してくる女性たちの人生の雰囲気ともマッチしています。

 

おいしいごはんを食べたくなる躍動感あふれるリズムに注目ですね。そして動画で小泉今日子らもコメントもしてます。

 

 

解禁された本予告編では、食事の美味しさが伝わってくる食べ方をされていてお腹が空いてきそうな感覚になります。

 

登場してくる彼女たちが涙、笑顔、苦しみなどの表情を見せていてますます気になります。

 

これまで、色濃くお伝えしてきた映画「食べる女」さて、気になる公開日ですが、9月21日に決定しました!

 

2018年9月21日全国ロードショースタートします!

 

さてロケ地なのですが、2018年1月8日から2月中旬まで撮影されていて現場の目撃情報も寄せられてます。

 

マンション「インプレストレジデンス上野 ジ アーキテクト」はロケ地の1つで、双日株式会社公式ツイッターでも載ってました。

 

 

撮影現場を生で見れたら大興奮したに違いないですね!

 

 

本日のまとめ+舞台挨拶の情報!

 

映画「食べる女」について、取り上げましたが如何でしたでしょうか、

 

こちらの作品は、完成披露に向けて「食べる女」のお悩み相談も募集していて、運良ければキャストらが質問に答えてくれるかもしれません。

 

 

皆さん、一緒に「食べる女」になって盛り上がりましょう!その人生観にどっぷりハマっていくこと間違いないです。

 

是非劇場でお楽しみ下さい。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Website is Protected by WordPress Protection from eDarpan.com.