映画教誨師キャストやあらすじネタバレ!原作や主題歌や無料動画にロケ地や舞台挨拶に公開日

この記事は5分で読めます

 

今作品は、映画「教誨師」です。俳優の大杉漣の遺作となった主演作、初プロデュースの映画。

 

人間の生きるとは何か、がテーマとなっている内容です。

 

大杉漣さんのこれまでの作品のフル動画で無料視聴する方法や、映画の気になる最新情報をお伝えします!

 

映画「教誨師」wiki情報

・タイトル:教誨師
・公開日:2018年10月6日
・キャスト:
大杉漣/佐伯
玉置玲央/高宮
鳥丸せつこ/野口
五頭岳夫/進藤
小川登/小川
古舘寛治/鈴木
光石研/吉田
スポンサードリンク

 

今回とりあげる作品は、映画「教誨師」です。主人公の教誨師の男性が、6人の死刑囚と対話をしていく人間ドラマとなっています。

 

世界各国で次々と廃止が決定している中、日本はまだ死刑制度は存続します。この極めて特異なシステムの下で、ひたすら対話を繰り返す主人公たち。

 

まずは、この作品の原作からあらすじネタバレ情報もお届けします!

 

 

映画「教誨師」の原作小説が気になる!

 

本作は、小説が原作になっていてます!

 

原作小説「教誨師」は楽天のチェックこちらから↓

 

原作小説「教誨師」はAmazonのチェックこちらから↓

主演は、2018年2月に急死した大俳優の大杉漣になります。最期の作品ということで大変話題になっています。

 

監督と脚本は、「ランニング・オン・エンプティ」を手がけた佐向大が担当しています。教誨師をどのように映し出されるのか注目です。

 

 

映画「教誨師」のキャストをご紹介!

 

さて、映画「教誨師」のキャストをご紹介します。

 

主演の佐伯役は、出演作は400本を超え日本映画界を代表する顔となった大杉漣が熱演しました。

 

大杉漣さんが主催であり主演になります

 

高宮役は、玉置玲央が演じています。

 

野口役に鳥丸せつこが抜擢されました。

 

進藤役に、五頭岳夫が。

 

小川役は、小川登。

 

鈴木役は古舘寛治です。

 

吉田役に光石研が演じてます。

 

人間ドラマを収監でどのように表現されていくのでしょうか。ますますどんな映画か内容が気になってきます。

 

 

映画「教誨師」のあらすじネタバレ情報!

 

それでは、映画「教誨師」のあらすじについてご紹介します!

 

プロテスタント牧師の佐伯(大杉漣)は、半年前に着任したばかりの教誨師です。

 

彼は教誨師として月に2回拘置所を訪れては、死刑囚と面会していきます。

 

彼らは年齢、境遇、性格の異なる6人の死刑囚です。鈴木(古舘寛治)は、無言を貫いて佐伯の問いに一切応えようとしない人です。

 

吉田(光石研)は、気のよいヤクザの組長です。進藤(五頭岳夫)は、年老いたホームレス。

 

野口(烏丸せつこ)は、おしゃべりな関西出身の中年女性です。小川(小川登)は、面会に来ない自分の子供を思い続けている気弱な人です。

 

そして、高宮(玉置玲央)は大量殺人者の若者です。

 

教誨師である佐伯は、家族から縁を切られ独房で孤独に過ごす死刑囚にとって良き理解者なのと、格好の話し相手なのです。

 

真剣に思いを吐き出す人、くだらない話に終始したり、自らの罪を全く顧みない者。

 

私たちと同じ人間でありながら、どこかで道を誤ったりちょっとしたボタンの掛け違いによって取り返しのつかない過ちを犯した人々です。

 

佐伯は、自分の罪をしっかりと見て悔い改めることで残り少ない「 生」 を充実したものにし、心安らかに「死」を迎えるため、親身になって死刑囚の話を聞いて、聖書の言葉を伝えます。

 

 

佐伯は死刑囚の彼らに寄り添いながらも、自分の言葉が本当に心に届いているのか、心安らかに死まで迎えられるのは正しいことなのか苦難するのです。

 

なかなか思い通りにいかず、意図せずして彼らを怒らせたり心を開いてもらえなかったり苦難の日々が繰り返されます。

 

佐伯はそんな葛藤の中で、自分の忘れたい過去と向き合うことになるのでした。

 

それでも死刑囚の心の変化が少し見られるものの、高宮だけは社会に対する不満をぶちまけて攻撃的な態度を続けます。

 

死刑囚たちと自分と人生において真剣に向き合う中、ついにある1人の受刑者に死刑執行の命が下されるのです。

 

これから佐伯と死刑囚たちの結末はどうなるのでしょうか。

 

 

映画「教誨師」の主題歌と音楽が気になる!

 

さて、映画の主題歌は今のところ無いようです。

 

予告動画には、「アメイジング・グレイス」が流されています。

 

 

この曲は世界中で有名で、色んな有名人がカバーしています。

 

日本人の本田美奈子(享年38)がカバーした「アメイジング・グレイス」は人気なのでご紹介します。

 

「アメイジング・グレイス」楽天でのチェックはこちらから↓

 

 

「アメイジング・グレイス」Amazonでのチェックはこちらから↓


透き通る声で、感動しかないです。この曲は、まさにこの映画にあうために出会ったのかもしれません。

 

 

映画「教誨師」 の予告動画や公開日の情報!

 

映画「教誨師」 の予告動画では、静かに歩く教誨師と死刑囚のそれぞれの顔で様々な表情をしているのが映し出しています。

 

観ていると悲しい内容が詰まっていそうに感じました。映画の全シーンは、ほとんど教誨室という空間で会話が行われています。

 

まさに知れない淵を覗き見てしまった感じにさせる骨太なストーリーです。

 

ちなみに教誨師とは、刑務所や少年院等の矯正施設で被収容者の宗教上の希望に応じて、所属する宗教と宗派の教義に基づいた宗教教誨活動(宗教行事、礼拝、面接、講話等)を行う民間の宗教家だそうです。

 

意外と知らない人が多いのではないでしょうか。

 

 

これまで、色濃くお伝えしてきた映画「教誨師」さて、気になる公開日ですが10月6日に決定しました!

 

2018年10月6日有楽町スバル座にて他全国ロードショースタートします。早く大杉漣さんの演技を観たいです!

 

 

映画「教誨師」 のロケ地と舞台挨拶の情報!

 

さてロケ地なのですが、目撃情報もなく調べてもわかりませんでした….

 

一番インパクトが強かった大杉漣さんが廊下で歩いている場所がありますが、今までロケで撮影されていた教会や廊下をみても同じ場所がなかったです。

 

また死刑囚と会話をする部屋が多いので、もしかしたらどこかの室内で行われたのかもしれませんね!

 

意外と制作会社オフィス・シロウズのビルかもしれませんね。

 

そして試写会情報なのですが、9月27日に小松島市で午後6時より市ミリカホールであることがわかりました。

 

上映の前に、約15年前から大杉漣とバンドを組み、地元ライブを開いていた同市出身のギタリスト堀尾和孝さんのミニライブと、堀尾さんと佐向大監督によるトークなど予定しているそうです。

 

大杉漣の出身地が小松島市なので、試写会かねて舞台挨拶がありそうですね。

 

 

本日のまとめ!

 

映画「教誨師」について、取り上げましたが如何でしたでしょうか。

 

こちらの作品は教誨師という特殊な仕事をリアルに描いたもので、大変心情が揺さぶられる内容です。

 

この感動の物語を皆さんに知っていただきたいと思います。

 

是非映画館の劇場でお楽しみ下さい。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Website is Protected by WordPress Protection from eDarpan.com.