ぼぎわんが、来る映画あらすじネタバレ!キャストや主題歌や予告動画にロケ地や試写会に舞台挨拶

この記事は6分で読めます

 

今作品は、映画「来る」です。

 

澤村伊智のホラー小説「ぼぎわんが、来る」が映画化になりました。

 

第22回日本ホラー小説大賞受賞作に輝き、人気小説家「模倣犯」の宮部みゆきらが大絶賛した作品です。

 

ここで映画の気になる最新情報をお伝えします!

 

映画「来る」wiki情報

・タイトル:来る
・公開日:2018年12月7日
・キャスト:
岡田准一/野崎
松たか子/比嘉琴子
黒木華/田原香奈
小松菜奈/比嘉真琴
妻夫木聡/田原秀樹
青木崇高/津田大吾
柴田理恵/逢坂セツ子
太賀/高梨重明
志田愛珠
蜷川みほ
伊集院光/スーパーの店長
石田えり

 

スポンサードリンク

 

今回とりあげる作品は、映画「来る」です。

 

絶対に口にしてはいけない「あれ」に呪われたら最期。

 

主人公は夫婦の周囲で起こる不可解な超常現象を調査することになり、「あれ」と対峙する。

 

この冬1番の最恐エンタテンメントがいざ降臨です。

 

まずは、この作品の原作からあらすじネタバレ情報もお届けします!

 

 

映画「来る」の原作が気になる!

 

本作は、小説「ぼぎわんが、来る」が原作の澤村伊智が書いたホラー文庫です。

 

原作小説「ぼぎわんが、来る」
楽天での購入はこちらから↓

 

 

原作小説「ぼぎわんが、来る」
Amazonでの購入はこちらから↓

原作も読むのさえ怖い内容です。

 

監督は、「告白」「渇き。」「嫌われ松子の一生」で大ヒットを数々記録してきた中島哲也が独自のセンスで務めます。

 

今回の主演に岡田准一を抜擢し、名演技の上に恐怖をつくりだしています。豪華俳優たちばかり集合しているのでご紹介していきますね !

 

 

映画「来る」のキャストをご紹介!

 

さて、映画「来る」のキャストをご紹介します!

 

 

主人公の野崎役を演じるのは、「関ヶ原」で日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞した今や国民的俳優となった岡田准一です。(画像:中央下)

 

田原香奈役は、「小さいおうち」でベルリン国際映画祭最優秀女優賞を受賞した黒木華です。(画像:右側真ん中)

 

比嘉琴子役に「ヴィヨンの妻」で報知映画賞、日刊スポーツ映画賞、日本アカデミー賞の3賞獲得で最優秀女優賞を受賞、「告白」で中島監督と作品を創り上げた松たか子が熱演します。
(画像:左側上)

 

比嘉真琴役に、中島監督作「渇き。」で日本アカデミー賞新人俳優賞受賞し話題となった女優の小松菜奈です。(画像:右側上)

 

田原秀樹役は、「怒り」で同最優秀助演男優賞を受賞し「悪人」で日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を獲得した日本を代表する俳優の妻夫木聡です。(画像:左側真ん中)

 

他にも青木崇高、柴田理恵、志田愛珠、蜷川みほ、伊集院光、石田えりなど個性派俳優たちが集結し、豪華映画になりました。

 

ますますどんな映画か内容が気になってきます。

 

 

映画「来る」のあらすじネタバレ情報!

 

それでは、映画「来る」のあらすじについてご紹介します!

 

東京の製菓メーカーに勤務する田原秀樹(妻夫木聡)は、妻の香奈(黒木華)と結婚式を終わり幸せな未来を築こうと胸を膨らませていました。

 

ある時、幸せな日々を送っていた田原の会社に謎の来訪者の女性が現れます。取り次いだ後輩は「知紗さんの件で」との伝言を残します。

 

「知紗」とは、香奈が妊娠している子供の候補の名前で2人以外には知るはずもありません。

 

その来訪者も突然消え後輩も謎の死をし、田原は戦慄を覚えます。

 

それから2年の月日が経ち、無事に生まれた2才の娘の知紗の育児をよくしてくれるイクメンパパとして頑張っていました。

 

 

しかし、またもや田原の周囲で不可解な出来事が次々と起こります。

 

田原のところへ来訪した女性を対応した部下が怪我をしたり、彼におかしな電話やメールが届いたりします。

 

そして彼には忘れることの出来ない不吉な過去がありました。祖父の銀二の家で見た灰色の影の存在です。

 

「あれ」を思い出し始めた田原は、妻の香奈と娘の知紗に危害が及ぶことを恐れます。

 

田原は、知人の紹介でオカルトフリーライターの野崎昆(岡田准一)に助けを求めることにしました。

 

田原から話を聞いた昆は、彼女であり霊媒師をしているキャバ嬢の比嘉真琴(小松菜奈)を紹介してもらいます。

 

野崎は、真琴とともに調査を始めたのですが、田原家に憑いている「あれ」は想像をはるかに超えて強大なものでした。

 

関わった人で亡くなるものが続出します。

 

強大な力を感じた真琴は、謎の存在と決着をつけるために、真琴の姉の琴子(松たか子)や、神社の神職、沖縄のユタなど全国から猛者たちが次々と集結します。

 

そして記憶を辿っていく田原。「お山」と呼ばれる深い森に片足だけ遺された赤い子供靴と名前を思い出せない少女と誰かがささやく声です。

 

そして田原家で「祓いの儀式」が始まろうとします。田原たちは「あれ」から逃れることはできるのでしょうか。

 

 

映画「来る」の主題歌と音楽が気になる!

 

さて、映画の主題歌は情報がなかったのですが、音楽プロデューサーとして冨永恵介と成川沙世子が手がけています。

 

過去の作品としては、

 

ユーリ!!! on ICE 6
楽天での購入はこちらから↓

 

 

ユーリ!!! on ICE 6
Amazonでの購入はこちらから↓

主演が岡田准一と松たか子と歌手でもあるので追加で主題歌を手がける可能性もありますね。

 

予告動画では音楽が流れていないようでした。サントラなどの新しい配信にも期待したいです。

 

 

映画「来る」 の予告動画や公開日と映画特典の情報!

 

映画「来る」 の予告動画では、主人公が「あれ」について話し合いをしたり赤ん坊を抱くシーンがありました。

 

最強の霊媒師が「迎え入れましょう。あれを」とつぶやいたり、意味深なセリフが飛び交うシーンが多くあったり鬼気迫る様子が印象的です。

 

中島監督ワールドが出ているスタイリッシュな映像で描かれています。最後の叫び声と共にでてきた顔がかなり恐怖を出させてくれます。

 

 

これまで、色濃くお伝えしてきた映画「来る」さて、気になる公開日ですが、12月7日に決定しました!

 

2018年12月7日全国ロードショースタートします。

 

公開特典情報は見当たらなかったです。ムビチケもまだ情報がなかったので公開日が近くなった時に期待したいと思います。

 

 

映画「来る」 のロケ地と舞台挨拶の情報!

 

ロケ地は、東京都、埼玉県、神奈川県などで行われ、撮影期間は2018年2月上旬から4月上旬まで行われたようです。

 

(5月上旬と9月上旬にも目撃情報がありました)

 

埼玉県の吉川市JR吉川南美駅で岡田准一、松たか子、妻夫木聡の目撃情報があっています。

 

他にも血だらけの人たちの集まりがいて、周囲は異様な雰囲気だったようです。

 

 

吉原公園です。

 

 

8月11日、12日に静岡県静岡市清水区を流れる巴川(ともえがわ)東側でカーアクションの撮影が行われるようです。

 

 

京急弘明寺駅近くの弘明寺商店街では、妻夫木聡、岡田准一の目撃情報ありました。

 

撮影前には、周囲には事前にチラシで撮影の連絡があったようですね。

 

 

 

9月2日に福岡県北九州市にある北九州市庁舎前で朝4時から午後14時まで交通規制が行われ撮影されています。

 

 

幅広い撮影場所だったので、いきなり目撃した人は大興奮だったと思われます。

 

試写会と舞台挨拶情報はまだなかったのですが、出演者が豪華有名俳優たちばかりなので情報が入り次第に是非チェックしたいところです。

 

 

本日のまとめ!

 

映画「来る」について、取り上げましたが如何でしたでしょうか。

 

「こわいけど、面白いから、観てください。」言われているとおり、見る価値はかなりあります。

 

怖さの他に、人間の本心が共感できると絶賛されているところがポイントです。是非映画館の劇場でお楽しみ下さい。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Website is Protected by WordPress Protection from eDarpan.com.