映画それだけが、僕の世界原作やあらすじネタバレ!キャストや主題歌に無料動画や公開日!

この記事は6分で読めます

 

今作品は、映画「それだけが、僕の世界」です。

 

韓国で公開されてから凄まじい勢いで観客動員数が300万人を突破し、興行を続けている大ヒット映画です。

 

ここで映画の気になる最新情報をお伝えします!

 

映画「それだけが、僕の世界」wiki情報

・タイトル:それだけが、僕の世界
・公開日:2018年12月28日
・製作国:韓国
・キャスト:
イ・ビョンホン/ジョハ
パク・ジョンミン/ジンテ
ユン・ヨジョン/母親
チェリ/ビョン・スジョン
ハン・ジミン/ハン・ガユル

 

スポンサードリンク

 

今回とりあげる作品は、映画「それだけが、僕の世界」です。

 

落ちぶれた元プロボクサーの兄と天才的なピアノの才能を持つサヴァン症候群の弟と兄弟の絆を描いたドラマです。

 

境遇も得意なこと好きなことも全く違う2人が、これから起こる数々の出来事を通してだんだん心が通じ合い本当の兄弟になって家族となっていきます。

 

まずは、この作品の原作からあらすじネタバレ情報もお届けします!

 

 

映画「それだけが、僕の世界」原作が気になる!

 

本作は、原作が探してもわからなかったのですが「王の涙イ・サンの決断」の脚本家チェ・ソンヒョンが執筆した脚本が元になっていて初監督を務めています。

 

人気脚本家が書いたとだけあって、映画も大ヒットなので流石です。

 

主演は、ハリウッドで活躍していて「G.I.ジョー」「アイリス」などヒット作がある中で作品ごとにあらゆるキャラクターを演じられることから「千の顔を持つ俳優」と言われたイ・ビョンホンが演じます。

 

監督は、大ヒットした「国際市場で逢いましょう」を手がけたユン・ジェギュンです。

 

「最近読んだシナリオの中で一番優れている」と、ユン・ジェギュン監督はコメントしています。脚本を絶賛した後、すぐに映画化を進めたそうです。

 

絶賛するほどの物語をすぐ映画化しようとする直感と行動が素晴らしい結果になったのですね。

 

 

映画「それだけが、僕の世界」のキャストをご紹介!

 

さて、映画「それだけが、僕の世界」のキャストをご紹介します。

 

一人で生きてきた元プロボクサーの不器用で粗暴で情に熱い兄のジョハ役を、イ・ビョンホンが熱演します!(画像:左)

 

ピアノの能力が天才的でサヴァン症候群を患っている弟ジンテ役は、「太陽を撃て」のパク・ジョンミンが難しい役所を見事に演じています。(画像:右)

 

 

母親役は「バッカス・レディ」「ハウスメイド」などでカリスマ女優と言われバラエティーでも視聴者に人気で独特な魅力を持つユン・ヨジョンが演じました。

 

 

ジンテが住んでいる近所の女の子ビョン・スジョン役は、この映画で話題急上昇してきているチェリという女優です。

 

 

姿を隠していたピアニストのハン・ガユル役を、「イ・サン」「屋根部屋のプリンス」の人気韓国ドラマにも出演しているハン・ジミンが演じました。

 

 

流石に役作りがプロで、違和感がなく自然体に仕上がっているそうで観るものを魅了してくれそうです。

 

ますますどんな映画か内容が気になってきます。

 

 

映画「それだけが、僕の世界」のあらすじネタバレ情報!

 

それでは、映画「それだけが、僕の世界」のあらすじについてご紹介します!

 

ジョハ(イ・ビョンホン)は、かつての過去はボクサーでアジアチャンピオンにまで上り詰めた事がある実力者でした。

 

今現在はというと、40歳を過ぎて落ちぶれ見る影もない状態です。

 

毎日その日暮らしをしてるジョハ。ジョハが少年の頃に、母親(ユン・ヨジョン)は家を出て父親は刑務所に入りました。

 

両親と離れ離れになり、孤独の中で自分の信じた拳を頼りに生きてきたのです。

 

 

ある日、なんと偶然に17年ぶりに別れた母親と再会するキッカケが訪れます。そこでサヴァン症候群を患っている弟ジンテ(パク・ジョンミン)の存在を初めて知るのです。

 

弟は、天才的なピアノの実力の持ち主という事を知るジョハ。

 

母親はジンテが有名なコンテストに出られるように面倒を見てやってほしいとジョハに頼みます。

 

母親の願いを断れないジョハは、弟の面倒を見ていくことになっていくのでした。

 

 

映画「それだけが、僕の世界」の主題歌と音楽が気になる!

 

さて映画の主題歌と音楽は情報がありませんでしたが、パク・ジョンミンが劇中にピアノ演奏をします。

 

なんと映画の中のジンテの演奏シーンはプロに任せず、全てパク・ジョンミンが演奏しているそうです。

 

しかし、パク・ジョンミンは元々はピアノも弾けず、楽譜すら読めなかったという素人だったのにもかかわらず監督に「自分で弾きます」と宣言して6ヶ月の間に毎日5時間の練習をし上達したそうです。

 

本作に向けて入念な準備と努力をするプロ根性も素晴らしいですし、とても難しい役を完璧に演じているので非常に楽しみです。

 

映画の音楽は彼のピアノが挿入歌になっているのかもしれません。日本盤を早くチェックしたいです。

 

 

映画「それだけが、僕の世界」 の予告動画や公開日の情報!

 

映画「それだけが、僕の世界」 の予告動画が解禁され、兄弟のそれぞれのキャラクターが強調されている映像になっています。

 

弟が兄に軽くパンチするシーンなどクスリと笑えるシーンもありました。

 

予告動画の最後に、弟の肩を抱き笑顔を見せた兄とあどけない表情で寄り添う弟が仲よさそうに見せる姿が印象に残り微笑ましかったです。

 

 

これまで、色濃くお伝えしてきた映画「それだけが、僕の世界」さて、気になる公開日が決定しました!

 

2018年12月28日TOHOシネマズ シャンテ他全国ロードショースタートします!

 

DVDで韓国盤ですが、お先に見れますよ。

 

韓国映画/それだけが、僕の世界(2)韓国盤Keys To The Heartそれだけが私の世界
価格
4,500円 (税込 4,860 円)

 

https://item.rakuten.co.jp/asia-music/10032468/?scid=af_sp_etc&sc2id=af_113_0_10001868

 

韓国ドラマファンにはたまらない物なので是非ゲットしてみて下さい。

 

 

映画「それだけが、僕の世界」 の試写会の情報!

 

撮影現場情報も少しだけありました。

 

 

俳優のイ・ビョンホンが2017年8月8日午後、ソウル鍾路(チョンノ) 区大学路(テハンロ) 一帯で撮影が行われていました。

 

ハリウッドスターは実物で見たらオーラが全く違うでしょうね。

 

そして前売り券情報ですが、購入するとムビチケカードと一緒に「兄弟マグネット」が貰えます。

 

 

2人が揃ってマグネットになってる物はこの映画だけですよ。試写会の情報もご紹介します!

 

2018年1月3日午後、韓国ソウル東大門(トンデムン)区回基洞(フェギドン)慶熙(キョンヒ)大学の平和の殿堂で行われ2018年新年記念試写会ショーケースに、イ・ビョンホン、パク・ジョンミンが出席しています。

 

 

2018年1月15日午後、韓国ソウル・CGV龍山(ヨンサン)I’PARKモールで開かれたVIP試写会にイ・ビョンホン、パク・ジョンミン、ユン・ヨジョン、ハン・ジミン、チェ・リらが出席しています。

 

 

日本の試写会は12月5日(水) の東京の中野ZERO小ホールで18:30開場、19:00開演 で予定されています。

 

ゲストの情報はわかりませんでしたが、イ・ビョンホンとパク・ジョンミンが来たら大騒ぎになる事でしょう。来日に期待したいです!

 

 

本日のまとめ!

 

映画「それだけが、僕の世界」について、取り上げましたが如何でしたでしょうか。

 

韓国中に笑いと感動の渦を巻き起こしたヒューマンドラマを色んな人にオススメします。

 

絶対に観てよかったと思うこと間違いないです。

 

是非映画館の劇場でお楽しみ下さい。

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Website is Protected by WordPress Protection from eDarpan.com.